ドイツ対メキシコ ハイライト動画!シュートを決めたロサノはどんな選手なのか?

Pocket

ドイツ対メキシコの試合でドイツが負けるという予想外の出来事が起こりました。シュートを決めたロサノはどんな選手なのでしょうか?ハイライト動画や世間の反応についてもお伝えします。
 

スポンサーリンク



 

前回大会王者のドイツがメキシコに敗れる!

王者が黒星発進という波乱が起きた。ロシア・ワールドカップ(W杯)のグループF、史上3カ国目の連覇を狙うドイツと、6大会連続ベスト16のメキシコという強豪国対決が現地時間17日に行われた。鋭いカウンターが冴え渡ったメキシコが、前半35分にFWイルビング・ロサノが挙げた1点が決勝点となり、1-0で勝利を収めた。

均衡が破れたのは前半35分。メキシコはFWチチャリートがポストプレーで起点となり、リターンパスを受けてカウンターを発動。ドリブルでボールを運び、駆け上がったロサノへラストパスを通した。オランダのPSVでプレーする22歳はDFを交わし、右足のシュートでノイアーの守るゴールを破った。

メキシコは6大会連続でベスト16に食い込んでいることを考えると、侮れない相手であるのは間違いなのですが、それでも「ドイツが負けるわけがない」と思っていました。

というのも、2017年の対戦ではドイツが4-1と快勝していたのです。

しかも、今回のドイツ対メキシコの試合ではボール占有率やシュート数はドイツの方が上回っていました。
 


 
それだけに、ドイルが敗れてしまったのが不思議です。本当に、何が起こるか分かりません。

ドイツ対メキシコのハイライト動画!

ドイツ対メキシコのハイライト動画は、こちらです。

両チームのゴールキーパーの活躍もあってなかなか得点が決まらない中、前半35分にイルビング・ロサノ選手がシュートを決めました。

 

シュートを決めたロサノはどんな選手?

名前:イルビング ロサーノ

生年月日:1995年7月30日

年齢:22歳(2018年6月時点)

身長:176cm

体重:66kg

所属クラブ:PSV(オランダ)

主な経歴:2016年リオ五輪代表
 


 
2016年まではメキシコのリーグでプレーしていたのですが、2017年からオランダのチームに移籍しました。

ヨーロッパ内での評価は急上昇しており、今後はビッククラブチームからオファーが来るかもしれません。
 

スポンサーリンク



 

世間の反応は?

 


 
やはり、今回の結果にビックリしている人が多いです。

今大会は、日本代表の前評判がそれほど高くありませんが、番狂わせがあるかも知れません。

日本の試合以外でも、何かが起こりそうな予感がします。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。
 

スポンサーリンク



Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です