岡本顕一郎を殺害した犯人は松本英光!犯行に及んだ理由は何だったのか?

Pocket

6月24日に、IT関連のセミナーの講師をしていた岡本顕一郎が亡くなってしまう事件が福岡県でありました。犯人はすでに逮捕されているとのことですが、その人物が松本英光容疑者であることが判明しました。どうして犯行に及んだのでしょうか?
 

スポンサーリンク



 

岡本顕一郎が亡くなった事件の概要

24日午後8時ごろ、福岡市中央区大名2丁目の旧大名小学校跡地で「人が刺された」と110番通報があった。福岡県警や消防によると、現場から男性が搬送されたが、間もなく死亡が確認された。刃物を持った男は逃走。約3時間後、特徴の似た男が福岡市東区内の交番に出頭し、「人を刺した」と話したという。

県警によると、被害者の男性は東京都江東区東雲2丁目の会社員、岡本顕一郎さん(41)。跡地は起業家支援施設になっており、この日は午後5時半からIT関係のセミナーが開催されていた。岡本さんはセミナーの講師だったという。

セミナー終了直後の午後7時50分ごろ、施設の関係者が「救急車を呼んでくれ」という声を聞いた。1階のトイレに向かうと、血だらけの岡本さんと男が出てきたという。この関係者が追いかけたが、男は自転車で逃走した。岡本さんは背中を刺されていたという

 

岡本顕一郎を殺害した犯人の松本英光について

名前:まつもとひでみつ

年齢:42歳

住所:福岡県

職業:無職

松本容疑者は、家賃月約3万円の2DKのアパートで15年ほど前から1人暮らしをしていたことが発覚しています。

1分40秒あたりに、一瞬だけ顔画像が映っています。
 

事件当日のセミナー内容は?

岡本顕一郎さんが亡くなった事件が起きたことで「岡本顕一郎はHagexなのでは」という噂が広まっています。

では、岡本顕一郎さんとHagexさんの顔画像を見比べてみましょう。

左側は岡本顕一郎さんが東京都内でインタビューを受けたときの画像で、右側はHagexさんがインタビューを受けたときの写真です。

たしかに、似ていますね。

もう少し検証してみるために、どのようなセミナーを開催したのかを具体的に調べてみました。

【セミナーの告知内容】

ネットウォッチ勉強会「かもめ」#2を福岡で開催します

日時 6月24日(日)

会場 Fukuoka Growth Next 1階会議室①

福岡県福岡市中央区大名2-6-11(旧 大名小学校)

主催者:hagex

プログラム

17時30分 開場

17時45分 勉強会スタート

・「100万PV達成への道」

・「ブログトラブル110番」

19時30分 終了予定

参加費 2000円(会場でお渡しください)

定員 30名

開催場所ですが、今回の事件現場である「Fukuoka Growth Next」と完全に一致しています。

TBSの記事では

24日午後8時ごろ、福岡市中央区大名のスタートアップ支援施設「Fukuoka Growth Next」で「人が刺された」と警察に通報があった

と報道されていました。

主催者が「hagex」であることが明記されていることも踏まえて考えると、今回亡くなった岡本顕一郎さんが「hagex」と名乗って個人でセミナーを開催したと思われます。

※その後の報道で、岡本さんが「hagex」と同一人物であることが発表されました。
 

スポンサーリンク



 

事件現場の詳細

事件が起きた現場は「Fukuoka Growth Next」であると発表されています。

スタートアップ企業や第二創業への支援をする場所であり、起業のための集中スクーリングには孫正義の弟である孫泰蔵が講師を務めたこともあるのです。

「起業をしたい」という方を徹底的にサポートしているのでしょう。

ですが、今回の事件が起きたことで、利用者が減ってしまうことも考えられます。

その場合、犯人に対して損害賠償を請求できるとすれば、請求額は数百万円を超えるレベルなのかもしれません。

 

人通りが多い場所での事件なだけに、人々の衝撃も半端なものではなかったはずです。

近隣住民の方は

●施設内の飲食店に入ろうとしたらドタドタと足音が聞こえ、振り返ると男の人が倒れていてビックリした。血だまりができていて近くの人が「救急車を呼んで」と叫んでいて慌ててお店に避難した

●予備校から帰ろうとしたら「通れない」と言われてしまった。毎日の通学路で、もしかしたら近くに犯人がいたかと思うと恐怖心が拭えない

と答えていました。

 

松本英光はなぜ岡本さんを殺害したのか

では、なぜ松本英光は岡本さんを殺害したのでしょうか?

報道によると、岡本さんは2018年5月に「低能先生に対するはてなの対応が迅速でビックリ」と言う内容の記事を投稿しました。

ちなみに「低能先生」というのは、

他ユーザーに対し誹謗中傷を繰り返し、凍結されてもすぐに新規アカウントで復活する人の事を指しており、一部のユーザーからこのように呼ばれていたのです。

松本容疑者のハンドルネームは「先生」であり、「自分のことを非難された」と感じて犯行に及んだと見られています。

 

以下の内容は、松本容疑者の犯行声明だと思われる内容です。

おいネット弁慶卒業してきたぞ改めて言おう

これが、どれだけ叩かれてもネットリンチをやめることがなく、俺と議論しておのれらの正当性を示すこともなく(まあネットリンチの正当化なんて無理だけどな)
俺を「低能先生です」の一言でゲラゲラ笑いながら通報&封殺してきたお前らへの返答だ

「予想通りの展開だ」そう言うのが、俺を知る全ネットユーザーの責任だからな?

「こんなことになるとは思わなかった」なんてほざくなよ?

ただほぼ引きこもりの42歳はここで体力が尽きてしもうた

事前の予定では東京までいってはてな本社にこんにちはするつもりだったが、もう無理

足つってるし

なんだかんだ言ってはてなというか増田が俺をネット弁慶のままで食い止めていた面もあるしなあ

逆に言うと散々ガス抜きさせてもらった恩がある

はてブと通報厨には恩など欠片もないが

てことでこれから近所の交番に自首して俺自身の責任をとってくるわ

足つってるから着くまで30分くらいかかるかも

 

本当にゾッとする事件です。

少し前に大事件を起こしておきながら、このような投稿が出来る事に対して「不思議」という言葉以外見当たりません。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。
 

スポンサーリンク



Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です