中村精寛(あきひろ)の勤務先(会社)や顔画像は?なぜあおり運転を行なったのか?

Pocket

大阪府堺市で中村精寛容疑者があおり運転をおこなったことで、バイクの運転手が亡くなってしまう事件が起きてしまいました。なぜあおり運転を行なったのでしょうか?中村容疑者の勤務先(会社)や顔画像についても調べてみました。
 

スポンサーリンク



 

中村精寛(なかむらあきひろ)容疑者があおり運転で逮捕

堺市南区の大阪府道で2日、バイクに乗っていた男子大学生(22)が車にはねられて死亡する事故があり、府警は4日、車を運転していた近くの警備員中村精寛(あきひろ)容疑者(40)を殺人と道交法違反(ひき逃げ)の両容疑で逮捕したと発表した。中村容疑者は約1キロにわたってバイクを後ろからあおり、加速して追突していたという。「故意にぶつけたわけではない」と容疑を否認している。府警によると、あおり運転に殺人容疑を適用するのは異例。

発表によると、中村容疑者は2日午後7時35分頃、堺市南区竹城台の府道泉北1号線で、前をバイクで走っていた堺市西区の大学4年生高田拓海さんを車であおって追突し、脳挫傷などで死亡させるなどした疑い。

 

中村精寛の勤務先や顔画像は?

年齢:40歳

住所:堺市南区茶山台2丁目

職業:警備員

事件当初は「左車線が気になって前方不注意だった」と話していたのですが、あおり運転をしていたことが発覚して殺人容疑に切り替わりました。

中村容疑者の顔画像や具体的な勤務先については、現時点では判明しておりません。

情報が入り次第、改めてお伝えします。

 

なぜあおり運転を行なったのか?

中村容疑者は「故意にぶつけたわけではない」と語っていますが、ドライブレコーダーを調べてみると、バイクに接近しながらバッシングをしたり、クラクションを鳴らしたりしていることが判明しています。

そうすると、バイクに追い抜かれてしまったことで腹を立てた可能性も考えられます。

では、どうして追い抜かれて腹を立てたのでしょうか?

もしかすると、普段から仕事などが原因でストレスをためており、自分の前を颯爽と走り抜けていくバイクや運転手のことが気に入らなかったのかもしれません。

こちらが、事件現場の詳細です。

この道路は信号が少ない場所であり、運転中にスピードを出しやすかったことも事故原因の1つだと考えられます。

普段は人や建物を守る立場にある警備員の方が、人の命を落とした事に対して「信じられない」と感じている方も多いでしょう。
 

スポンサーリンク



 

世間の反応

●職業 警備員、ですか。公安の認可が必要なお仕事

公安に携わる職業の人間が罪を犯した場合厳しめに裁いて良いのでは。

 

●殺人容疑をかけるぐらい厳しくした方がいい。高速道路で右車線を前の車がトロトロ走ってるところを車間間隔詰めたりとかそういうレベルじゃないしね
故意と取られてもこんなの文句言えないよ。それだけ危ないことをしてるんだから

 

●結果としては許されない事故だと思う。
ただ、この大学生の運転の詳細はわからないけれど、バイカーの過信運転に危険な思いをすることは多々ある。車側が大目に見ているからこそ命が保たれてるだけで、時にはこういうことになる可能性は知っていて欲しい。

 

「処分は厳しくすべき」という声がたくさんあがっている中で、加害者を多少擁護するコメントも見られました。

たしかに、危険な運転を行なったバイクの運転手にも何らかの処分が必要なのかもしれませんが、あおった上にぶつかってしまうのは「やりすぎ」だと思います。

一体どのような処分が下されるのか、気になります。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。
 

スポンサーリンク



Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です