端場雅治(旭川大学高校野球部監督)の経歴は?前回出場した年の白熱シーンを公開!

Pocket

北北海道地区の旭川大高が甲子園出場を決めました。この高校を率いる端場(はば)雅治監督は、どのような経歴の持ち主なのでしょうか?今回は、端場雅治監督の指導歴や地方大会についてのコメント、さらには前回出場した年に繰り広げられたシビれる対戦シーンもお伝えします。
 

スポンサーリンク



 

旭川大学高校野球部の2018年夏の戦績

では、甲子園出場までの道のりを振り返ってみましょう。

●1回戦:旭川大高7―2白樺学園

4番を打つ持丸泰輝左翼手(3年)がホームラン1本を含む4打数4安打5打点の大活躍を見せました。

端場雅治監督のコメント「こんなに打つとは思っていなかった」

 

●準々決勝:旭川大高3-2帯広大谷

青木亮樹主将(3年)のスクイズで先制し、その後は1点差まで迫られるも逃げ切りました。

端場雅治監督のコメント「チャンスをものに出来ずに序盤からバタバタしてしまった。勝たせてもらったゲームだと感じる」

 

●準決勝:旭川大高9―8旭川実

9回裏を迎える前まで6-8と負けていたものの、中筋大介捕手(3年)の中前適時打で逆転サヨナラ勝ちを収めました。

端場雅治監督のコメント「負け試合を勝たせてもらった。次はいい試合をしなければ勝てない」

 

●決勝:旭川大高5-3クラーク

7回終了時まで同点という緊迫した展開でしたが、8回表に3点を勝ち越し、エース右腕の沼田翔平君が完投勝利を収め、見事甲子園出場切符を勝ち取りました。

端場雅治監督のコメント

「もう少し良いゲームを期待していたんですが、なかなか言うことを聞かない生徒達で苦しめられたけども、最後こういう形で勝ってくれたのでよかったと思う」
 


 
次は、監督の経歴についてお伝えします。

端場(はば)雅治監督の経歴

生まれ:1969年

年齢:49歳

出身地:北海道旭川市

出身高校:旭川大学高校

出身大学:札幌大学

端場雅治さんは監督になる前、旭川大高の野球部長でした。

1993年には、部長として甲子園でベンチに入っていました。
 


 
2分5秒あたりで、端場雅治さん(当時部長)が映っています。

 

2009年に旭川大高が甲子園に出場したとき、端場雅治さんは監督として甲子園にやってきました。

(この年は、常葉橘に0-2で敗れてしまいました)

ということは、旭川大高での指導歴は、25年を超えているでしょう。

それだけ、学校から信頼されていることが伝わってきます。
 

スポンサーリンク



 

前回出場した年に繰り広げられたシビれる対戦

旭川大高に勝利を収めた常葉橘には、広島に入団した庄司隼人選手がいました。

庄司隼人選手と元ソフトバンクの今宮健太選手のシビれる対戦を覚えている方も多いでしょう。
 


 
1球たりとも見逃せないほど白熱していました。

 

旭川大高が甲子園に出場するのは、この年以来です。

甲子園ではどのような戦いを見せてくれるか、楽しみです。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。
 

スポンサーリンク



 
【今夏大注目の監督情報】

平田徹(横浜高校)の経歴や嫁は?万波以外にも注目野手が目白押し!

高嶋仁(智辯和歌山)の孫は野球センス抜群!来年はいよいよ高校1年生!

西谷浩一(大阪桐蔭)の年収や体重は?1年生にスライダーの切れ味抜群の投手がいた!

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です