本田仁哉監督(中越高校野球部)の経歴は?「波乱万丈」の監督人生を歩んでいた!

Pocket

新潟県の中越高校が2年ぶりの甲子園出場を成し遂げました。チーム率いる本田仁哉監督は、監督として「栄光」と「苦悩」の両方を経験している方なのです。今回は、本田仁哉監督の経歴や2018年夏に注目してほしい選手についてお伝えします。
 

スポンサーリンク



 

中越高校野球部2018年の戦績

●2回戦:中越7―6三条

●3回戦:中越9―1長岡商

●4回戦:中越15―8五泉

●準々決勝:中越12―4長岡大手

●準決勝:中越3―2新潟産大附

●決勝:中越10―1新発田

決勝戦は大差で勝利を収めたものの、それ以外の試合は打ち合いになったり接戦になったり、見ている方がヒヤヒヤする展開もありました。

ですが、どんな展開になってもしっかりと勝ち上がることが出来る部分が、今年の中越高校の強さだと言えます。

中越高校が夏の甲子園で勝利を収めたのは1994年で、この年は2勝して3回戦進出を果たしています。

2018年夏の初戦は、慶応高校に決まりました。

次は、本田仁哉監督のことを紹介します。

 

本田仁哉監督(中越高校野球部)の経歴

1976年生まれ

年齢:41歳(2018年7月時点)

出身地:新潟県

出身高校:静岡高校

出身大学:順天堂大学
 


 
静岡高校に進んだのは、家族の事情で静岡県に転居する必要があったからです。

高校時代はサードやショートを守り、静岡大会決勝まで勝ち進みましたが、惜しくも甲子園出場とはなりませんでした。

大学時代はショートとして活躍しました。

 

【指導者としての経歴】

大学卒業後、2000年に中越高校の保健体育科教員となり、3年間コーチとして野球部に関わりました。

2002年秋に監督就任し、2003年夏には「就任1年目の甲子園出場」という快挙を成し遂げました。

こちらが、甲子園に出場した当時の中越高校野球部の映像です。
 


 
この年は、江の川高校に0-2で敗れてしまいました。

 

今後、監督としてどのような実績を残していくのか注目を浴びましたが、2005年には選手に手を挙げていたことが発覚し、1年間の謹慎処分となりました。

本田監督自身も「生徒を指導する中で、手を上げてはいけなかった」と猛反省していました。

1年後、再び監督として野球部を指導することになり、現在まで監督を務めています。

栄光と苦悩を両方経験した本田仁哉監督は、これから新潟県の高校野球界を引っ張っていく存在になるはずです。
 

スポンサーリンク



 

中越高校野球部2018年夏の注目選手

今夏注目してもらいたいのは、チームのキャプテンを務め、「4番捕手」という重要な役割を担っているのが、小鷹葵(こだかあおい)選手

2年時も正捕手として試合に出ていたのですが、決勝戦で最後のバッターになってしまい日本文理高校に敗退しました。

その悔しさをバネに、2018年は甲子園出場を成し遂げました。

 

「去年は悔しい思いをしたので本当に良かった。(甲子園では)新潟県代表として胸を張って中越の野球を堂々とやりたい。24年ぶりに甲子園で勝ちたい」

「慶応相手にしっかり勝ちに行く」

と力強い声を聞くことができました。

チームを救う一打を甲子園でも放ってもらいたいです。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。
 

スポンサーリンク



 
【今夏大注目の監督情報】

平田徹(横浜高校)の経歴や嫁は?万波以外にも注目野手が目白押し!

高嶋仁(智辯和歌山)の孫は野球センス抜群!来年はいよいよ高校1年生!

吉田洸二(山梨学院大付属)の経歴は?かつては清峰を率いて甲子園制覇!

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です