市原勝人(二松学舎大付監督)の経歴は?正捕手の1年生はU-15日本代表!

Pocket

東東京大会を制した二松学舎大付属高校が2年連続3度目の甲子園出場を決めました。広島で活躍する鈴木誠也選手がOBの学校です。今回は、野球部の監督を務める市原勝人監督の経歴や、2018年夏の戦いぶり、さらには大抜擢された1年生がどのような選手なのかについてお伝えします。
 

スポンサーリンク



 

二松学舎大付属高校野球部2018年夏の戦績

●3回戦:二松学舎大附8―5都立王子総合

●4回戦:二松学舎大附6―3成立学園

●5回戦:二松学舎大附12―0都立江戸川

●準々決勝:二松学舎大附11―1堀越

●準決勝:二松学舎大附5―3関東一

●決勝:二松学舎大附6―3都立小山台
 
決勝戦では一進一退の攻防を繰り広げましたが、見事に逃げ切って2年連続夏の甲子園に出場となりました。

市原勝人監督は

「この雰囲気の中で選手たちは落ち着いてやってくれた。途中から選手の発想でやることもたくさん出てきて、中盤以降は手応えを感じていた。東東京の代表ということで本来は『日本一を目指します』と言わないといけないところだと思いますが、まずは1歩1歩頑張ります」

と謙虚にコメントしていました。

ベテラン監督としての風格が漂っています。

 

市原勝人(二松学舎大付監督)の経歴

年齢:53歳(2018年7月時点)

出身高校:二松学舎大付属高校

出身大学:日本大学

出身チーム:NTT信越(現信越硬式野球クラブ)

【指導者としての経歴】

1996年~:二松学舎大付属野球部監督
 


 
高校時代はエースとして甲子園に出場し、チームを準優勝に導きました。

 

野球部の監督としては

●2002年・2004年春

●2014年・2017年夏

合計4回甲子園に出場しており、今回で5度目となります。

2014年は当時1年生だった

大江竜聖・今村大輝・三口英斗

この3人が試合に出場し、話題を呼びました。
 


 
甲子園で3人の1年生が当時に試合に出るシーンは、なかなか珍しいです。

この年、二松学舎大付属高校は夏初出場で、夏の甲子園初勝利を記録していますから、当時1年生だった3選手の実力が抜きんでていたことが分かります。
 

スポンサーリンク



 

2018年夏に抜擢された1年生は?

そして、2018年も1年生を抜擢しているのです。

背番号は12ですが、地方大会では全試合スタメンマスクをかぶりました。(甲子園の初戦もスタメンで出場しました)

その選手は、山田将義
 


 
出身中学は駿台学園中であり、アジア野球連盟(BFA)のU-15アジア選手権日本代表の選手であり、実力は折り紙付きです。

過去には、アジア野球連盟(BFA)U-12アジア選手権日本代表にも選出されたのです。

チームの重要ポジションであるキャッチャーを任されているという事は、監督から相当信頼されていることが分かります。

すでに「甲子園を沸かせるスーパー1年生候補」に名前があがっていました。

甲子園での活躍はもちろん、この先どれほど凄い選手になっていくのか、非常に楽しみです。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。
 

スポンサーリンク



Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です