長沢宏行(創志学園高校野球部監督)の経歴は?母校からプロ選手が初誕生!

Pocket

岡山県からは創志学園高校が2018年夏の甲子園に出場することが決まりました。野球部の監督を務める長沢宏行さんは、どの学校に行っても短期間で結果を出す凄腕監督なのです。今回は、長沢宏行の経歴や出身高校から誕生したプロ野球選手、さらには創志学園高校の注目選手についてお伝えします。
 

スポンサーリンク



 

長沢宏行(創志学園高校野球部監督)の経歴

名前:ながさわひろゆき

生年月日:1953年

年齢:65歳

出身高校:市立西宮高校(兵庫県)

出身大学:大阪体育大学

 

【指導者としての経歴】

●夙川学院(兵庫県)女子ソフトボール部監督

●東海学園大学女子ソフトボール部監督

●アトランタ五輪ソフトボール日本代表ヘッドコーチ

●神村学園高校野球部監督(2003年~2007年)

●その後、環太平洋大学野球部監督となる(2008年~2009年)

●創志学園高校野球部監督(2010年~)
 


 
兵庫県の市立西宮高校は県内随一の進学校で、合格に必要な偏差値は「70」と表記されています。

また、夏の甲子園大会で女子生徒がプラカードを持つ学校で有名です。

長澤宏行さんは野球部に所属し「4番・キャプテン」として活躍しましたが、甲子園には遠く及びませんでした。

日本体育大学に進学したものの、当時は野球部員だけで800人ぐらい加入していたことがきっかけで、ソフトボールの道に進みました。

ソフトボールの指導者としても有名で、夙川学院高の監督時代はインターハイ8度の優勝を達成した名監督です。

 

野球部の監督になってからも「短期間で成果を出す」ことに成功しており

●神村学園の監督に就任してから、2年後に甲子園準優勝に導く

●環太平洋大学を4部リーグから、2年後に1部リーグに引き上げる

●創志学園高校を創部1年で甲子園に出場させる

このように、どの学校に行っても短期間で確実に結果を出しているのです。

 

これまで、創志学園高校野球部は春3回、夏は1回甲子園に出場しています。

(2018年で夏は2度目となりました)

2年前(2016年)の夏の大会は、初戦(2回戦)で敗れてしまいました。

とはいえ、今夏は1回戦では優勝候補の創成館に7-0と勝利を収めており、警戒すべきチームであることには間違いありません。
 

長沢宏行監督の出身高校から誕生したプロ野球選手は

長沢宏行監督の出身高校から、2017年にプロ野球選手が誕生したのです。

その選手は、中日ドラゴンズの山本拓実選手


 
高校時代は練習試合で大阪桐蔭と対戦し、7回3失点に抑えたこともあるのです。

しかも、この試合は大阪桐蔭側から申し込んだ試合であり、西谷監督は「間違いなく全国レベルのピッチャー」と大絶賛していました。

今後、活躍が期待される選手の1人です。
 

スポンサーリンク



 

創志学園高校野球部の注目選手(2018年)

創志学園高校の選手の中で注目してもらいたいのが、チームの4番を務める金山昌平選手
 


 
岡山大会では5試合連続ホームランという快挙を成し遂げました。(岡山大会新記録です)

6歳年上の兄は創志学園高校の1期生として選抜にも出場しました。

金山昌平選手は兄のことについて聞かれると

「もう兄を意識しなくなりました。というか集中していたので忘れていました」

と頼もしいコメントが返ってきました。

1回戦では4打数2安打と結果を残しました。次の試合ではホームランを放ってもらいたいです。

 

そして、もう1人は創成館を完封した西純矢投手

初戦は三振を16個奪い、創成館のバッターに「打てない・・・」と言わしめました。

ストレートの威力&スライダーの切れが2年生とは思えません。
 


 
甲子園でも渾身のガッツボーズをドンドン披露してもらいたいです。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。
 

スポンサーリンク



Pocket

1 個のコメント

  • 長沢宏行 監督
    市立西宮高校卒業と聞きメールしました。
    私は高校4回生卒業の現在84歳です、岡山代表創志学園
    優勝を果たして日本一の監督になって下さい。
    甲子園には応援に行けませんが神戸市垂水区から
    祈っております。
    植 村

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です