山木博之(鳥取城北野球部監督)の経歴は?エースはオール枚方ボーイズ出身!

Pocket

鳥取城北高校が3年ぶりに夏の甲子園に出場します。「鳥取県の歴史を変えるかもしれない学校」として近年注目を集めています。そこで今回は、鳥取城北高校野球部監督の山木博之さんの経歴や、鳥取県の高校野球事情、さらには今大会の注目選手の情報をお伝えします。
 

スポンサーリンク



 

鳥取城北高校野球部2018年の戦績

●1回戦:鳥取城北9―1倉吉北

●2回戦:鳥取城北7―0鳥取東

●準々決勝:鳥取城北8―3八頭

●準決勝:鳥取城北15―6鳥取西

●決勝:鳥取城北8―0米子西

毎試合打線が爆発し、決勝戦では藤原颯大選手が2打席連続ホームランを放ちました。
 


 
長年「打線が課題」と言われ続けた鳥取県勢ですが、甲子園ではこれまでと変わって打撃陣がしっかり点数を取る展開になる予感がします。

では、鳥取城北高校を率いる山木博之監督はどのような方なのでしょうか?

 

山木博之(鳥取城北高校野球部監督)の経歴&鳥取県の高校野球事情

名前:やまきひろゆき

年齢:43歳

出身高校:鳥取城北高校

出身大学:大阪体育大学
 


 
大阪体育大学の卒業生で有名なのは、やはり上原浩治投手です。

山木博之監督は、上原投手よりも1年先輩に当たります。

かつては、オール枚方ボーイズでコーチを務めた経験もある監督であり、技術指導には定評があります。

母校である鳥取城北高校の野球部監督に就任したのは、2015年からです。

2017年は甲子園に出られなかったものの、春季大会(中国大会)で創志学園や広島新庄を破り優勝しました。

 

鳥取県は高校野球部員が全国で最も少なく、甲子園であまり勝てていないという実情に県民の方が頭を悩ませているのです。

2010年以降で甲子園勝利を収めたのは

●鳥取城北高校(2012年)スコア:3-1香川西

●八頭高校(2014年)スコア:6-1角館

いずれも、初戦は勝利したものの次の試合で敗れてしまいました。

 

鳥取城北高校は近年の活躍ぶりから「鳥取県の野球の歴史を塗り替えてくれるのでは」と期待されている学校なのです。

2013年・2015年夏にも甲子園に出場しており、その時の結果は

2013年:鳥取城北2-3熊本工業

2015年:鳥取城北6-9鶴岡東

このように、競った試合を展開しているのです。

 

鳥取県勢が甲子園2勝を収めた年は、1956年までさかのぼります。

山木博之としても「まずは1勝、できれば2勝」と考えているでしょう。

2018年はどこまで勝ち上がるのか、注目です。

 

スポンサーリンク



 

鳥取城北高校の注目選手は?

今夏注目してもらいたいのが、エースを務める難波海斗選手
 


 
(こちらで、難波投手の投球を見ることが出来ます)

中学時代はオール枚方ボーイズに所属しており、大阪桐蔭の藤原恭太選手や、報徳学園の小園海斗選手らとチームメイトでした。

決勝戦では足がつっていたものの気合で投げ切り、完封勝利を収めました。

「藤原や小園と対戦したら、絶対に抑えたい」と思っているはずです。

甲子園では気迫のこもったピッチングに注目です。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
 

スポンサーリンク



 
【今大会の注目監督情報】

東拓司(白山高校監督)の経歴は?学校はどんな場所にあるのか?

大角健二(報徳学園監督)が本当に進学したかったのは別の高校だった!

倉野光生(愛工大名電監督)が甲子園見学日に突然大熱唱!

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です