吉田真(高岡商業野球部監督)の経歴は?注目選手井林は昨夏甲子園で1発を放つ(動画アリ)

Pocket

富山県の高岡商業高校が3年連続夏の甲子園に出場しました。野球部監督を務める吉田真さんは北海道出身の方で甲子園出場経験がある方です。今回は、2019年夏の戦いぶりや吉田真監督の経歴や、さらには注目選手の井林君の昨年のホームラン映像などをお届けします。

スポンサーリンク



 

高岡商業高校野球部2019年夏の戦績

1回戦:高岡商12-5新川

●2回戦:高岡商10-0新湊

●3回戦:高岡商5-2八尾

●準々決勝:高岡商1-0高岡第一

●準決勝:高岡商10-0水橋

●決勝:高岡商7-4富山第一


圧巻だったのは、準々決勝

延長戦にもつれた末、11回裏に井林選手がサヨナラ安打を放ちました。

決勝戦は昨夏と全く同じカードで、見事返り討ちを果たし3年連続20回目の甲子園出場を果たしました。

吉田真監督は

「大変な思いをした世代だったので、なんとか最後は花を咲かせてやりたいと思っていた。生徒たちを褒めてあげてください」

とコメントし、目には涙が光っていました。

昨夏の甲子園では大阪桐蔭相手に接戦を演じましたが、惜しくも敗れてしまいました。

とはいえ、エースだった山田君のピッチングはお見事で、西谷監督から「さすが高岡商業のエース」と絶賛されていました。

今年はどこまで勝ち上がるのか注目です。

吉田真(高岡商業高校野球部監督)の経歴

名前:よしだまこと

年齢:36歳

出身地:北海道

出身高校:札幌南高校

出身大学:北海道教育大学札幌校


(右側に移っているのが吉田監督です)

高校時代は甲子園出場し、PL学園と対戦してヒットを放ちました。

 

【大学卒業後の経歴】

2010年~:富山県の教員となり、高岡商業高校野球部コーチとなる

2013年~:高岡商業高校野球部監督に就任

大学卒業したのは2004年ですから、富山県の教員になるまでの間は北海道で指導者として活動していたのかもしれません。

2015年夏・2017年春夏に監督として甲子園に出場しています。

 

監督としての甲子園での成績ですが

●2015年夏:高岡商10-12関東第一

●2017年春:高岡商9-10盛岡大付

●2017年夏:高岡商1-11東海大菅生

このように、2017年までは1度も勝てていなかったのです。

昨年は甲子園出場を決めた後は比較的軽めのメニューを行なっていましたが、今年は出発ギリギリまで強めの練習を行ってきました。

その成果もあってか、

1回戦:高岡商業4-1佐賀商業

2回戦:高岡商業5-4佐久長聖

甲子園で2勝を挙げました。

これまでは打たれて負けることが多かったですが、投手陣を中心に守りの野球を展開したことが勝因の1つです。

今年も投手陣が充実しており、すでに甲子園で2勝を挙げました。

3回戦の相手は、履正社

昨年は大阪桐蔭に敗れているだけに「大阪の高校に負けるわけにはいかない」と闘志を燃やしているはずです。

スポンサーリンク



 

注目選手井林君のホームラン映像

今大会の注目選手は、予選の決勝でホームランを放った井林泰雅選手

昨年の甲子園ではバックスクリーン横に強烈な一発を放ちました。

「甲子園でも自分のできることをやりたい」と語った井林選手

今夏の甲子園成績は

●1回戦:3打数2安打

●2回戦:4打数1安打

2試合続けてヒットを放っています。

2年連続で甲子園ホームランを放てるか、注目です。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

スポンサーリンク



Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です