木浪聖也のドラフト情報や彼女は?プロで活躍する高校の同級生は誰?

Pocket

社会人の内野手でドラフト候補に名前があがっている木浪聖也選手はイケメンで、女性ファンから人気を集めそうな選手です。ドラフト候補になるまで成長したのは、あるコーチとの出会いがきっかけでした。今回は、木浪聖也選手のプロからの評価や飛躍のきっかけ、さらには彼女の情報などをお伝えします。
 

スポンサーリンク



 

木浪聖也のプロフィール

名前:きなみせいや

1994年生まれ

身長:178㎝

体重:78㎏

出身地:青森県青森市

出身中学:青森山田中学校(青森山田シニア)

出身高校:青森山田高校

出身大学:亜細亜大学

現所属:Honda
 


 
2018年のドラフト候補の1人であり「社会人ナンバーワン内野手」の呼び声が高い選手です。

 

高校時代は1年時からベンチ入りを果たしたものの、甲子園出場は果たせませんでした。

当時(2010年~2012年)は光星学院の全盛期であり、現在プロで活躍する田村選手(ロッテ)北條選手(阪神)とは同い年です。

大学は「日本一厳しい」と言われる亜細亜大学に進み、1年春から出場機会に恵まれたもののあまり活躍できず、ドラフト候補に名前は挙がっていませんでした。

ですが、社会人になってから「ミスター社会人」の異名を持つ西郷泰之コーチと打撃改造に取り組んだことでバッティングが強化され、一躍ドラフト候補に名を連ねるようになりました。

ちなみに、巨人で活躍する長野久義が社会人2年目の時のドラフトでロッテ入団を拒否したとき、

「都市対抗で優勝したいし、西郷さんといっしょにプレーするのが楽しみだった」

と語っていました。

(翌年、本当に優勝しました)

 

西郷泰之コーチの指導方針は「フルスイング」

実は、西郷さんは現役時代(1999年)に頭蓋骨を骨折してしまい失明の危機に見舞われたのですが、そこから復活を果たしたのです。

復活して日本代表に選ばれた時、コーチから「フルスイングしなさい」と言われたことで、長く活躍する選手となったのです。

西郷さんとしても、木浪選手をはじめ選手を指導するときは自身の現役時代を重ねている部分もあるでしょう。

大学時代は公式戦でのホームランがゼロだった木浪選手ですが、社会人になってからを打てるようになったのです。
 


 

木浪聖也のドラフト情報

「走攻守三拍子揃った内野手」であり、7月の都市対抗の時期には「ドラフト候補」に名前があがっていました。

各球団ともリストに名前は入っているでしょうが、プロのスカウトからの具体的な評価については報道されていません。

年齢のことを考えると3位~5位ぐらいでドラフト指名されると思います。

西武で活躍する源田選手が3位だったことを考えても、これぐらいが妥当と言えるでしょう。

内野手がやや手薄で、なおかつ昨年のドラフトで内野手を1人しか獲らなかったヤクルトが欲しいと感じているかもしれません。
 

スポンサーリンク



 

木浪聖也の彼女は

「イケメン」であることでも有名な木浪選手ですが、彼女のほうはいるのでしょうか?

現時点では彼女の情報は見つかっていませんが、同じ会社の女性社員は羨望の眼差しで見ているのではないでしょうか。

会社内にも会社外にも、女性ファンは多いはずです。

 

プロで活躍する高校の同級生は誰?

同い年の選手であれば、田村選手や北條選手以外にも、大谷翔平や藤浪晋太郎など甲子園を沸かせた選手がたくさんいます。

同じ高校の同級生は、現在中日で活躍する京田陽太選手です。

同じ内野手であり、木浪聖也選手は「待ってろ、京田!」と思っているのではないでしょうか。

 

青森山田高校から大学や社会人を経由してプロに入団し、最近活躍しているのは

●山崎晃大朗(ヤクルト:木浪聖也より1年先輩)

●西村凌(オリックス:木浪聖也より1年先輩)

がいます。

今後も、青森山田高校からプロで活躍する選手が誕生するかもしれません。

木浪聖也選手が、何位でどの球団に指名されるのか注目です。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。
 

スポンサーリンク



Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です