渕上皓太の顔画像や職場は?目的は何だったのか?

Pocket

消防署に勤める渕上皓太容疑者が逮捕されるというニュースがありました。一体どのような人物なのでしょうか?今回は、渕上皓太容疑者の顔画像や職場、さらには逮捕の手がかりとなったドライブレコーダーが、最近どのような形で役に立っているのかを映像付きでお伝えします。
 

スポンサーリンク



 

渕上皓太容疑者を逮捕

渕上容疑者は8月、京都府亀岡市のコンビニエンスストアで、高校2年の男子生徒(17)に「お礼をする」などと声をかけて車の助手席に乗せ、人気のない路上に移動して、車内で男子生徒に触れるなどした疑いが持たれています。

付近を走っていた車のドライブレコーダーの映像などから渕上容疑者が浮上。

調べに対し「男子生徒のルックスが好みだった」などと容疑を認めているということです。

警察は、余罪がないかなど、詳しい状況を調べています。

男子高校生からしてみれば、身の毛がよだつほどの恐怖を感じた出来事だったはずです。

被害者の高校生が母親に相談したことで事件が発覚したわけですが、母親からしてみれば怒りの気持ち以上に「犯人は一体何がしたかったの?」と困惑したのではないでしょうか?

 

渕上皓太の顔画像や職場

名前:ふちがみこうた

年齢:36歳

顔画像:調査中

職業:消防士

職場:枚方東消防署長尾出張所

この消防署の周辺には、高校が建っています。

地図に掲載されている長尾谷高校の生徒からしてみれば、渕上容疑者の勤務先である消防署が近くにあることに対して不気味に思うでしょう。

「自身の行動が地域の人々にどのような影響を与えてしまうのか」ということを、考えてもらいたかったです。

 

渕上皓太容疑者の目的は

では、渕上皓太容疑者の目的は何だったのでしょうか?

男子高校生のことを「好みだった」と答えており「お礼をする」と言って呼び寄せたことを考えると、すでに報道されているようなことを実行するつもりでいたのでしょう。

決して何かを盗ろうとしたというわけではなさそうです。

もし、知らない人から声をかけられてしまったら、逃げるに限ります。
 

スポンサーリンク



 

最近のドライブレコーダー事情(映像アリ)

それにしても、ドライブレコーダーは最近犯人を逮捕するのに活躍しています。

2018年5月に新潟県で小学生がなくなってしまった事件が起きた時、新潟県警ががドライブレコーダーを設置している車を探し回り、結果的にドライブレコーダーが犯人逮捕の決定打となりました。

また、吉澤ひとみ容疑者が起こした事故に関しても、ドライブレコーダーの映像から証言と食い違っていたことが発覚しました。

もしドライブレコーダーが無ければ、事件の悪質性を示すのは難しかったでしょう。

現在のドライブレコーダーの設置率ですが、日本自動車連盟(JAF)の子会社JAFメディアワークスによると10.5%でした。

また、ソニー損害保険のインターネット調査によると2017年時点で15・3%でした。(調査対象:1000人)

今後はさらに、ドライブレコーダーから有力な証拠が見つかっていくのでしょう。

 

渕上皓太容疑者には、まず被害者にきちんと謝罪をしてもらいたいです。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。
 

スポンサーリンク



Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です