松本航の彼女やドラフト情報!高校(明石商業)の指導者は日本一の熱血漢!

Pocket

2018年のドラフト1位候補として名前が挙がっているのが、日本体育大学の松本航投手です。高校時代からプロのスカウトから注目された逸材であり、プロ入り後の活躍が期待される選手です。今回は、松本航投手の彼女やドラフト情報、さらにはピッチング動画や出身高校の監督がどんな人なのかについてもお伝えします。
 

スポンサーリンク



 

松本航のプロフィール

名前:まつもとわたる

生年月日:1996年11月28日

出身地:兵庫県朝来市

出身中学:梁瀬(やなせ)中学校

出身高校:明石商業高校

大学:日本体育大学

中学時代は軟式野球部に所属し、3年時には県の選抜メンバーとなりKボール大会で全国優勝を果たしました。

ちなみに「Kボール」ですが、現在は「KWBボール」と名称が変更しており、

●K(からだにやさしく安全で硬式ボールへの架け橋となる)

●W(ワールド【世界】に通じる)

●B(ボール)

という意味が込められています。

 

高校時代(明石商業)では1年夏からベンチ入りを果たし、2年夏にはエースとなりました。

松本投手が明石商業に在籍していた時期(2012年~2014年)は、チーム自体は県内で上位進出の常連校となっていたものの、もう一歩のところで甲子園を逃すという状況が続いていました。

2年春:ベスト4(神戸国際大附4―3明石商)

2年夏:ベスト8(西脇工3―2明石商) 

2年秋:ベスト8(報徳学園3―2明石商)

3年春:3回戦(報徳学園4―3明石商)

3年夏:ベスト8(社3-0明石商業)

最後の夏に戦った社高校には、今秋ドラフト候補の辰巳涼介選手がいました。

 

松本投手は甲子園に出場することは出来ませんでしたが、素材は一級品であることは高校時代から証明しており、複数の大学から「ウチに来て欲しい」と誘いを受けていました。

高校3年時にはストレートで147キロを計測したこともあります。

日体大に進学後、1年春からリーグ戦に登板し、その後は

●リーグMVP(2年春)

●最優秀投手賞(2年春・3年秋)

●明治神宮大会制覇(3年秋)

●大学日本代表(3年・4年)

など、大学球界を代表する投手へと成長しました。

松本投手の躍進を支えたのは、元プロ野球選手で現在は日体大の投手コーチを務める辻孟彦さん

年齢は29歳と若く、選手も話しやすいのでしょう。

選手の目標に合わせて、何をどのように修正していけばよいのかを指導できるコーチです。

プロを経験した方から教えを受けることが出来るのは、やはり貴重な体験です。

2018年夏にオランダで行われた「ハーレムベースボールウィーク」では14イニングを投げて失点1と活躍し、チームを優勝に導きました。

今後の活躍が非常に楽しみな選手の1人です。

 

松本航のピッチング動画

【大学3年時:明治神宮大会2回戦】

【大学4年時:東海大戦】

ストレートはMAXで155キロを計測しており「本格派」と呼ぶのにふさわしいピッチャーです。

ストレート以外にも、スライダー・カットボール・ツーシーム・スプリット・カーブなど多彩な球種を操ります。
 

スポンサーリンク



 

松本航の彼女は?

では、松本航選手に彼女はいるのでしょうか?

現時点では彼女についての情報は見つかっていません。

野球に集中したいでしょうから、今はいない可能性が高そうです。

日本体育大学は、スポーツ界の有名人を多数輩出している学校であり「美人アスリート」もたくさんいるでしょう。

将来的に、スポーツ界のビックカップルが誕生するのかもしれません。

 

松本航のドラフト情報

プロ志望届を提出しており、上位指名は確実視されています。

スカウトからの評価ですが、2018年9月以降の評価を見てみると

●日本ハム・岩舘スカウト

「即戦力になる。自分の状態を理解して丁寧に投げている」

●ヤクルト・橿渕スカウトグループデスク

「東洋大の3人(上茶谷、甲斐野、梅津)と松本くんは今年の大学生でトップ。(1位候補の)評価は変わらない」

●広島・苑田聡彦スカウト統括部長

「球の速さ、切れは1軍レベル。152〜153キロが低めに集まれば通用する」

●巨人・井上チーフスカウト

「今年の投手の中ではトップレベル。直球のスピードも質もいい。即戦力になる」

●ロッテ・井辺スカウト

「余力を持って投げているのでギアを上げることができる。指先の感覚が良いので変化球も良い。ストレートの質も高く捉えづらい」

このように、プロからも高い評価を受けていることが分かります。

大卒の即戦力投手は、どの球団にとっても魅力的です。

どの球団が何位で指名するのか、目が離せません。

 

出身高校(明石商業)の指導者はどんな人?

松本航投手の出身高校である明石商業高校の野球部監督は、狭間善徳さんです。

バッティングやヘッドスライディングの方法を実際にやって見せる監督であり、指導を受けた選手たちは

●徹夜で相手チームのことなど勉強していて、ここまで自分たちのためにやってくれる指導者は見たことない

●怖いけれど、理不尽なことは全くないから素直に話を聞ける

●血のにおいすら漂っている

と語っています。

最近の指導者は、口では言うものの実際に見本を見せることが出来ない人も多いですが、狭間監督はどのようなタイプではありません。

だからこそ、厳しくても選手たちがついてくるのでしょう。

 

松本航投手がドラフト指名されたら、狭間監督としても嬉しいはずです。

今後は、明石商業高校からプロ野球選手が毎年のように誕生するようになりそうな予感がします。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。
 

スポンサーリンク



Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です