甲斐野央の彼女や高校&ドラフト情報!中学時代はドラ1候補とチームメイトだった!

Pocket

東洋大学の甲斐野央投手は、高校時代は全国的にそれほど有名な選手でなかったものの、大学時代に花開き一躍ドラフト候補として名を連ねるようになりました。今回は、甲斐野央投手の彼女や高校、ドラフト情報、さらには思わずホレボレしてしまうピッチング映像もお伝えします。
 

スポンサーリンク



 

甲斐野央のプロフィールや出身高校

名前:かいのひろし

生年月日:1996年11月16日

出身地:兵庫県西脇市

出身中学:黒田庄中学校

出身高校:東洋大姫路高校

大学:東洋大学

中学時代は軟式野球部に所属し、Kボール大会の兵庫県選抜メンバーに加わり全国優勝を成し遂げました。

実は、兵庫県選抜チームには、2018年秋のドラフト上位候補の1人である松本航投手(日体大)もいたのです。

甲斐野央選手は「4番・ファースト」として活躍しました。

 

高校時代はの最高成績は2年夏の県大会準優勝で、甲子園にはあと一歩のところで出場できませんでした。

当時は野手と投手を兼任していたのですが、最速で140キロを超えるボールを投げていたためプロのスカウトからも注目されていました。

プロ志望届は提出せず、大学に進学しました。

大学時代、1年秋からリーグ戦に登板したものの、下級生の頃は目立った活躍を見せることは出来ませんでした。

【1年秋から3年春までのリーグ戦登板数】

1年秋:4試合

2年春:3試合

2年秋:3試合

3年春:1試合

 

才能が開花したのは、3年秋のシーズンでした。

このシーズンで8試合に登板し、5勝1敗・投球回数35・防御率2.06という成績を残し、東都大学リーグの最優秀投手&ベストナインを獲得しました。

スカウトのスピードガンで159キロを計測し、どよめきが起こりました。

4年春は9試合に登板し、1勝0敗・投球回数20・防御率1.80という成績でした。

投球回数が少ないのは、抑えで登板することが多いためです。

3年秋以降の活躍が認められ、日米大学野球&ハーレム国際野球大会に日本代表選手として出場し、13イニングを投げて失点ゼロと活躍しました。

 

甲斐野央のピッチング映像

 
【4年春:國學院戦】

【高校生代表VS大学生代表】

(2分40秒あたりの158キロのストレートは圧巻です)

 

150キロを超えるストレートだけでなく、140キロ台のフォークも持ち味です。

140キロのフォークは、プロでもそうそうお目にかかれません。

スライダー・カーブ・ツーシームも一級品と評価されています。

 

投げるボールだけでなく、元野手ということもあってフィールディングも安定しています。

先日引退を発表した中日ドラゴンズの岩瀬仁紀投手が抑え投手に大切な3つの要素として

●四球を出さないこと

●ホームランを打たれないこと

●フィールディング

を挙げていました。

フィールディングについては、現時点ではそれほど問題ないと思われます。

ファーボールの数ですが

3年秋:35イニングで14個(9イニングで3.6個)

4年春:20イニングで8個(9イニングで3.6個)

プロでは抑えとして活躍するには、四球を減らすことがカギとなります。
 

スポンサーリンク



 

甲斐野央の彼女は

大学3年生になってから大活躍の甲斐野央投手に、彼女はいるのでしょうか?

現時点では、彼女についての情報はありません。

とはいえ、大学内では有名人でしょうから、女子学生から大人気だと思います。

「甲斐野君と付き合いたい」と考えている人もいるのではないでしょうか。

 

甲斐野央のドラフト情報

プロ志望届をすでに提出しており、「上位指名は確実」と評価が高いです。

スカウトからの評価ですが

●橿渕聡(ヤクルトスカウトグループデスク)

将来的に抑えを任せられる資質を備えており、このような素材は貴重

●中川隆治(オリックスアマチュアスカウトグループ長)

東洋大の3人の中で最も出来上がった投手で、リリーフの適性がある

●苑田聡彦(広島スカウト統括部長)

先発投手としてもプロで使える

広島では、チームとしても甲斐野央投手を「Aランク」と評価しています。

私個人的には、右のリリーフ投手が不足している巨人が指名すれば面白いと思っています。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。
 

スポンサーリンク



Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です