辰己涼介の彼女や高校&ドラフト情報!大学から応援メニューが発売されていた!

Pocket

2018年ドラフト候補で「ナンバーワン外野手」と評価を受けているのが、立命館大学の辰己涼介選手です。走攻守3拍子揃っており、プロ1年目から1軍で活躍する可能性を秘めています。今回は、辰己涼介の出身高校や思わず身震いするプレー動画、さらには彼女の情報や大学で販売されている辰己選手にちなんだメニューについてもお伝えします。
 

スポンサーリンク



 

辰己涼介のプロフィールや出身高校

名前:たつみりょうすけ

生年月日:1996年12月27日

出身地:兵庫県神戸市

出身中学:有野中(所属チーム:神戸三田ドジャース)

出身高校:社(やしろ)高校

大学:立命館大学

高校時代は下級生の頃からレギュラーとして活躍しました。

チームとしての最高成績は3年夏の県大会ベスト4で甲子園の出場経験はありません。

実は、3年夏の準々決勝で今秋のドラフト候補である松本航投手(日体大)率いる明石商業と対戦し、勝利を収めています。

 

大学時代は1年春からレギュラーとして出場し、4年春にはリーグ通算100安打という金字塔を打ち立てました。

(ちなみに、現時点での通算安打数は106安打で、歴代1位は田口壮の123安打です)

大学2年時から日本代表に選出されており、国際大会では3年連続ホームランを放っています。

 

今年(2018年)は立命館大学でも日本代表チームでもキャプテンを務めています。

他の選手たちには

「困ったら俺の前にランナーを出してくれ、必ずホームに還す」

と伝えており、監督からも「これほど強引に周囲を引っ張っていけるリーダーは稀有な存在」と高い評価を受けています。

辰己選手の当面の目標は

●チームを日本一へ導くこと

●ドラフト1位で指名されること

この目標を達成できるのか、注目が集まります。

 

辰己涼介のプレー動画

バッティングに注目が集まる辰己涼介選手ですが、肩の強さも一級品です。

センターの1人目が、辰己選手です。

味方チームだけでなく敵チームのスタンドからも歓声が起こりました。

バッティングの方ですが、高校日本代表との試合でも「さすがドラ1候補」と思えるバッティングを披露してくれました。

 

50メートル5秒7という俊足の持ち主であり、走攻守3拍子揃った立命館大学出身の選手と言えば、やはりこの人!

西武で活躍する金子侑司選手です。

ノーヒットで1点をもぎ取れるのは、凄まじすぎます。

同じ外野手であり、選手としてのタイプは似ていると思います。

とはいえ、辰己選手自身「盗塁が苦手」と語っていました。

盗塁の技術を磨けば、手が付けられない選手になりそうな予感がします。
 

スポンサーリンク



 

辰己涼介のドラフト情報

まずは、プロからの評価をご紹介します。

●橿渕聡(ヤクルトスカウトグループデスク)

足と肩はプロでもトップクラスで、バッティングは当て逃げせずにミート力がある。将来は大島洋平(中日)のようなタイプになる可能性がある。

●中川隆治(オリックスアマチュアスカウトグループ長)

野手の中で経験、実績ともにずば抜けており代表でも1人だけ雰囲気が違う。肩が強くて足が速い。盗塁のスタートをもっと磨いてほしい。

●苑田聡彦(広島スカウト統括部長)

今年の外野手の中で一番の即戦力であり、ドラフト1位も十分にあり得る。足と肩が素晴らしく、負けん気の強さも評価できる。

このように、足と肩の評価がずば抜けて高いことが分かります。

プロに入団したら、1~2年目の頃は「守備固め&代走要因で、時々スタメン」という状況で1軍の試合に出場し、3年目ぐらいからレギュラーとして活躍しそうな予感がします。

 

外野手が不足気味の球団と言えば、中日です。

レギュラーの大島選手は2018年時点で34歳、平田選手が31歳であり、次世代を担う即戦力外野手は喉から手が出るほど欲しいでしょう。

もし中日が辰己選手を獲得するとすれば「根尾選手の外れ1位か、2位指名」になると思われます。

 

彼女はいるのか?

走攻守3拍子揃ったイケメンの辰己選手に、彼女はいるのでしょうか?

彼女がいたとしても不思議ではないのですが、現時点では分かりません。

大学内には「辰己ファン」がたくさんいるでしょう。

大学の先輩の金子選手みたいに、アナウンサーが彼女になるなんてことはあるのでしょうか?

プレーだけでなく彼女情報も気になるところです。

 

辰己涼介の応援メニューとは?

大学内では、辰己涼介主将の名を冠した「辰己竜田丼」が期間限定で販売される模様です。

辰己涼介選手としても、嬉しさと恥ずかしさを両方感じているのではないでしょうか?

ドラフトで指名されたら「ドラフト指名記念」としてさらにパワーアップしたメニューを販売すれば、売れそうな気がします。

さすがに「指名漏れ」になることはないと思います。どの球団が何位で指名するのか、目が離せません。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。
 

スポンサーリンク



Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です