須佐見憲史の顔画像や経歴・家族は?ひき逃げ犯人は誰?

Pocket

近畿大学教授の須佐見憲史さんが亡くなってしまう事件が起きてしまいました。犯人は一体誰なのでしょうか?今回は、須佐美教授の顔画像や経歴、さらには事件現場や犯人の情報についてお伝えします。

須佐見憲史さんが亡くなる

10日朝早く、京都府精華町の路上で、近畿大学の教授の男性が倒れているのが見つかり、その後、死亡しました。ひき逃げ事件とみられます。

午前4時過ぎ、精華町の交差点で「道路に人が倒れている」と110番通報がありました。警察などによりますと、倒れていたのは近畿大学総合社会学部の教授・須佐見憲史さん(59)で、病院に運ばれましたが、死亡が確認されました。須佐見さんは横断歩道を渡っている際に車にはねられたとみられ、警察は、ひき逃げ事件として捜査しています。

須佐見憲史さんの顔画像や経歴・家族は?

名前:すさみけんじ

年齢:59歳

出身大学院:中京大学大学院

所属学部:総合社会学部総合社会学科 心理系専攻

研究分野:心理学・情報学・神経科学など

家族:調査中

中京大学大学院の博士後期課程満期退学したのは1989年(平成元年)であり研究者として約30年もの間、活動していました。

研究者として多くの功績がある方で、それなりに名が知られていたでしょう。

今回の事件に対して、普段授業を担当している学生は大変ショックを受けているに違いありません。
 

スポンサーリンク



 

須佐見憲史さんをひき逃げした犯人は?

現時点では、犯人は見つかっておりません。

情報が入り次第、改めてお伝えします。

 

事件現場は

現場は、京都府精華町乾谷の国道163号と発表されています。

午前4時過ぎに須佐美教授が倒れていることが発覚されたことを考えると、交通量が少ないため相手は猛スピードを出して須佐美教授をひいてしまった可能性や、須佐美教授の姿が確認できず、事故を起こしてしまった可能性が考えられます。

いずれにしても、許されることではありません。

いち早く、犯人逮捕に向けて警察に動いてもらいたいです。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。
 

スポンサーリンク



Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です