梅津晃大の彼女やドラフト情報!選手引退を考えていた真相とは?

Pocket

2018年のドラフト候補の中で、大学時代の実績がそれほど高くないにも関わらず注目を浴びているのが梅津晃大投手です。一時は選手引退を考えたこともあったのですが、そこから見事に復活しました。今回は、その真相や彼女情報、さらにはスカウトからの評価や梅津選手にピッタリだと思える球団についてもお伝えします。
 

スポンサーリンク



 

梅津晃大のプロフィールや出身高校

名前:うめつこうだい

生年月日:1996年10月24日

出身地:宮城県仙台市

出身中学:仙台育英学園秀光中学校

出身高校:仙台育英高校

大学:東洋大学

中学時代は全国中学校軟式野球大会(全中)に出場経験があります。

高校時代は2年春に甲子園にベンチ入りを果たしました。(甲子園出場経験はありません)

梅津選手が仙台育英に在籍していた時期は、実力のある選手が多く

●1学年上:上林誠知(ソフトバンク)・熊谷敬宥(阪神)

●1学年下:平沢大河(ロッテ)

がいました。

梅津選手は2年秋にエースナンバーを背負っており注目度が高い選手でしたが、プロ志望届は提出しませんでした。

 

選手引退を考えていた理由

大学に入学した当初は、他の選手と比べて順調なスタートを切ったのです。

ブルペンで投球練習をしていると、みんなが梅津選手を注目していました。

梅津選手と同期でドラフト候補の上茶谷大河投手は「ストレートもスライダーもエグかった」と証言しています。

実際に春のリーグ戦(2部)で2試合登板しており、期待されていたことが分かります。

 

ところが、1年夏ごろにボールを投げると抜けてしまうようになり、キャッチボールすらできなくなったのです。

(この原因は、現在も不明のようです)

2年生になっても状況は変わらず、学生コーチやマネージャーになることも考えるようになっていました。

ですが、結果的に選手として活動する道を選びました。

まともにボールを投げられるようになったのは、3年春のことです。

先を見据えてトレーニングに打ち込むと、平均球速は10キロ以上アップし3年秋に153キロを計測しました。

3年秋にはリーグ戦に登板するまで復活しました。

そして、現在は「ドラフト候補」として報じられることが多く、今秋のリーグ戦では多くのスカウトが駆けつけています。

 

梅津晃大のピッチング映像

【4年秋のリーグ戦:対中央大】

フォームが安定しているように見えます。

力みのないフォームで150キロぐらいの球が迫ってくるとバッターとしても打ちづらいでしょう。

ストレート以外の持ち球は、スライダー・縦スライダー・カーブ・フォークがあり「今の球種を磨いていきたい」と語っていました。
 

スポンサーリンク



 

梅津晃大の彼女は?

普段の表情も投球時の表情もイケメンの梅津君ですから、女性ファンもたくさんいるでしょう。

プロになったら、さらに女性ファンは増えそうな予感がします。

現在、彼女に関する情報はありませんが、近い将来かわいい彼女ができるでのはないでしょうか。

 

ドラフト情報&梅津投手にピッタリな球団は?

2018年9月以降のプロのスカウト陣の評価から見ていきましょう。

西武・渡辺SD

「将来的な魅力がたっぷり」

中日・中田スカウトディレクター

「柔らかさがあるし、3人(上茶谷、甲斐野)の中では、1番将来どうなっていくのかという楽しみがある投手。もしかしたら、大谷のようになれるのではないかという魅力がある」

巨人・吉武スカウト

「オープン戦2試合に比べて腕も振れて、まとまっていた。ケガをする前と同じくらいになってきた」

広島・苑田スカウト統括部長

「しなりがあり、フォームがなめらか。160キロ台もすぐに出る。大化けするだろうね」

梅津投手の魅力と言えば「今後の伸びしろ」

リーグ戦の登板数ですが

●1年春:2試合

●3年秋:4試合

●4年春:1試合

●4年秋:3試合(10月10日時点)

このように登板数が少なく、リーグ戦の勝利が未だゼロなのです。

 

とはいえ、現在広島で活躍する薮田和樹投手(亜細亜大学卒業)は、4年間でリーグ戦登板が2試合だけだったにも関わらず、将来性が評価されてドラフト2位で指名されました。

(ちなみに、亜細亜大学も東洋大学も「東都大学リーグ」に所属します)

そう考えると、リーグ戦の登板数や勝利数が、そのままプロでの活躍を保証するわけではないことが分かります。

大学時代の実績がそれほど高くない梅津投手がこれだけ注目されているという事は、ポテンシャルが相当高いからといえます。

 

私の予想では、2位までにどこかの球団が指名すると思います。

薮田選手の成功事例がある広島が、梅津投手にピッタリの環境のような気がします。

当日のドラフトから目が離せません。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。
 

スポンサーリンク



Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です