太田椋の彼女やドラフト情報!1年夏の衝撃エピソードにビックリ!

Pocket

2018年のドラフトで高校生の注目ショートといえば、根尾選手と小園選手がいますが、太田椋選手のことも忘れてはいけません。1年時からスタメンで出場しており、衝撃的なエピソードの持ち主なのです。今回は、その内容やスカウトからの評価、さらには彼女の情報などをお伝えします。
 

スポンサーリンク



 

太田椋のプロフィール

名前:おおたりょう

生年月日:2001年2月14日

身長:181㎝

体重:76㎏

出身地:大阪府羽曳野市

出身中学:高鷲南中学(所属チーム:羽曳野ボーイズ)

高校:天理高校

中学時代はジャイアンツカップに出場し、優勝を果たしました。

このときのチームメイトには

●大石晨慈(近大付属)

●山下航汰(健大高崎)

●眞銅龍平(佐久長聖)

●堀北健人(佐久長聖)

など、甲子園に出場した選手が複数揃っていました。

また、U-15日本代表にも選出されており、中学時代から将来を嘱望されていました。

 

高1年夏の衝撃エピソード

天理高校に入学してから数ヶ月の間に、衝撃的なエピソードを2つも残しています。

1つ目は、5月の段階でマシンから放たれる160キロのボールに対応していたこと

天理高校は、このスピードボールに対応できる選手を夏に向けて起用していくのですが、1年の時点で対応していたというのは驚きです。

そして、もう1つはメンバー選定時のエピソード

公式戦は選手間投票でベンチ入りメンバーを選定するのですが、1年夏の時点で全ての選手が太田選手を投票していたのです。

要は、自分で自分の名前を書いていたのです。

ということは「自分はレギュラーにふさわしい」と考えていたのでしょう。怖ろしすぎます。

 

2年夏には甲子園に出場したのですが、4試合で16打数4安打(打率.250)と思うように活躍できませんでした。

新チームになってから主将になり、3年夏は決勝戦まで勝ち上がるも、奈良大付属に惜しくも敗れてしまいました。

太田選手のバッティングで貫録が出ていたのはこのシーン

打った瞬間高らかにガッツポーズを見せてくれました。

やはり「華」を感じさせる選手です。

県大会決勝敗退後「進路はプロ一本」と明言し、プロ志望届を提出しました。
 

スポンサーリンク



 

太田椋のドラフト情報&スカウトの評価

ヤクルト・橿渕聡スカウトグループデスク

内野守備走塁コーチが一番欲しがるタイプで、高校生ショート(根尾・小園・増田)の中で守備が秀でている

オリックス・中川隆治アマチュアスカウト部長

守りが堅実であり、右投げ右打ちのショートだから価値がある

西武・渡辺久信シニアディレクター兼編成部長

球際の強さが出たいい守備。ずっと追いかけてる選手

このように、守備面で高い評価を受けています。

今年のドラフトは、根尾・小園といった大型ショートが1位候補であることを考えると、この2人の選手を抽選で外した球団が「外れ1位」として指名するケースが考えられます。

「外れ1位のショート」といえば、巨人で活躍する坂本勇人選手が真っ先に思い浮かびます。

当時のドラフトで堂上直倫(中日)を抽選で外したものの、結果的に坂本選手の方が活躍していますから「結果オーライ」と言えます。

もしかすると、太田選手も坂本選手のように「外れ1位だけど活躍した選手」になるかもしれません。

 

彼女はいるのか?

太田椋選手に彼女はいるのでしょうか?

現時点では彼女の情報はないものの、学校内では「太田ファン」はたくさんいるでしょう。

そういえば、天理高校野球部には女子マネージャーがいて「可愛い」と話題になっていました。

さすがに、マネージャーと付き合っているなんてことはないでしょうが、美人なマネージャーがいると部員たちはテンションが上がるでしょう。

果たして、どの球団が何位で太田選手を指名するのでしょうか?ドラフトから目が離せません。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。
 

スポンサーリンク



Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です