JAL副操縦士は誰?名前や画像・年収は?アルコール検査をパスできたのはナゼ?

Pocket

JAL副操縦士が操縦前に基準値を超えるアルコールが検出されたとして逮捕されました。副操縦士は一体誰なのでしょうか?今回は、副操縦士の名前や画像・年収、さらには検査をすり抜けられた理由についても調べてみました。
 

スポンサーリンク



 

JAL副操縦士を逮捕

日本航空は1日、日本時間10月29日午前4時ロンドン発羽田行きの便に乗務予定だった男性副操縦士(42)が、基準値を超えるアルコールが検出された疑いでロンドンの警察当局に逮捕されたと発表した。乗務前の社内のアルコール検査では検出されなかったという。

日航によると、副操縦士の説明では、フライトの約20時間前まで、ホテルのラウンジや自室で、赤とロゼのワインを1本ずつ、瓶ビール(330ミリリットル)3本、缶ビール(440ミリリットル)2本を飲んだという。乗務約2時間前にほかのパイロット2人とオフィス内で対面の呼気検査をしたが、アルコールは検出されなかった。

だがその後、航空機に向かうバスの運転手が副操縦士が酒臭いことに気づき通報。警察の呼気検査では、現地の法律が定めた1リットルあたり0・09ミリグラムを大きく上回る0・93ミリグラムのアルコールが検出されたという。副操縦士は一度釈放されたが、現在は再拘束されているという。

1日に記者会見した進俊則専務は、「大変深刻な法令違反が発覚しました。みなさまに深くおわび申し上げます」と謝罪した。

それにしても、怖ろしい事件です。

「もしかすると、過去にも飲酒していたにも関わらず飛行機を操縦していたパイロットがいたのかもしれない」と思うと、ゾッとしてしまいます。

飲酒したJAL副操縦士の名前や画像・年収は?

では、今回アルコール基準値を大きく上回ったことが発覚して逮捕されたJAL副操縦士は誰なのでしょうか?

現時点では、名前や画像などは公開されていませんが、今後は公開される可能性があります。

そして、もう1つ気になるのが「年収」です。

パイロットの平均年収を調べ見ると

●平均年収:約1200万円

●機長:約2300万円

●副操縦士:約1500万円

ちなみに、JALのパイロットの平均年収は1800万円であり、そう考えると今回事故を起こした副操縦士の年収は2000万円を超えていることも考えられます。

これだけ年収が高いのは、それだけ責任が重いということを理解してもらいたいです。
 

スポンサーリンク



 

アルコール検査をパスできた理由は?

今回、オフィス内で行なったアルコール検査をパスしたとのことですが、どうしてそんなことが出来たのでしょうか?

このことに違和感を覚えている人はたくさんいます。

「副操縦士が検査後にこっそりと酒を飲んだ」という意見もありますが、報道によると

●フライトの20時間前までワインやビールを飲んでいた

●呼気検査を行なったのは2時間前

と発表されており、飲んだ量を考えても検査後にこっそり飲んだ可能性はゼロに近いでしょう。

そうすると

●JALの検査の体制が甘かった

この可能性が高いでしょう。

「なぜ検査をパスできたのか」「検査体制がどうなっているのか」ということも、徹底的に追及してもらいたいです。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。
 

スポンサーリンク



Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です