樋口育代の顔画像は?真の事故原因は何だったのか?

Pocket

車を運転していた樋口育代容疑者が、自転車で模擬試験の会場に向かう中学3年生の間宮悠さんを引いてしまう事件を起こしてしまいました。今回の事故の現場や詳しい原因、さらには樋口容疑者の顔画像についても調べてみました。
 

スポンサーリンク



 

樋口育代容疑者が起こした事故の概要

4日朝、埼玉県本庄市で軽乗用車と自転車が衝突し、自転車に乗っていた中学3年の男子生徒が死亡しました。

4日午前8時前、本庄市田中の路上で走行中の軽乗用車と対向車線を走っていた自転車が衝突しました。この事故で、自転車に乗っていた本庄市に住む中学3年の間宮悠さん(15)が胸を強く打つなどして意識不明の状態で病院に運ばれましたが、およそ1時間後、死亡が確認されました。

警察は軽乗用車を運転していた高崎市のパート従業員・樋口育代容疑者(48)を過失運転傷害の疑いで現行犯逮捕しました。取り調べに対し、樋口容疑者は「前方をしっかり見ておらず、ぶつかってから気づいた」と供述しているということで、警察は容疑を過失運転致死に切り替えるとともに、事故の原因を詳しく調べる方針です。

樋口育代の顔画像は?

名前:ひぐちいくよ

年齢:48歳

住所:群馬県高崎市

職業:パート

顔画像:調査中

樋口容疑者の自宅から事故現場の埼玉県本庄市田中までは、ずいぶん離れているような気がするのですが、距離はどれぐらいなのでしょうか。

車で約30分であれば、それほど遠くはありません。

樋口容疑者は、何か用事があって埼玉県本庄市まで車で向かっていたのでしょう。
 

スポンサーリンク



 

事故現場や原因は?

今回の事故現場は、こちらの道路です。

道路はそれほど広くないため、車の運転手か間宮さんのどちらかがよそ見をしてしまうと、事故につながりかねません。

今回の事故に対して

「亡くなった間宮さんの自転車の運転の仕方にも問題があったのでは」

被害者は責められるべきではない

事故の内容が分かりづらい

という意見が数多く見られました。

報道を見ると

●走行中の軽乗用車と対向車線を走っていた自転車が衝突した

とあります。

たしかに、この情報だけだと一方的に加害者に責任があるのか、それとも被害者の自転車の運転の仕方に問題があったのか分かりづらいですが、もしお互いが前方を注意しながら運転していれば事故は防げたと思われます。

加害者である樋口育代容疑者は

「前方をしっかり見ておらず、ぶつかってから気づいた」

と供述している以上、樋口容疑者側に問題があった可能性が高いでしょう。

ですが「事故を起こした以上、相手を責めるわけにはいかない」と考えもあってこのように供述しているのだと思います。

報道する人には、事故の原因を詳細に書いてもらいたいものです。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。
 

スポンサーリンク



Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です