原聡悟の顔画像や高等専門学校の場所は?犯行動機は家族間のトラブルか?

Pocket

原聡悟容疑者が家庭内で事件を起こして逮捕されました。家族との間に一体何があったのでしょうか?今回は、原容疑者の顔画像や高等専門学校の場所、さらには犯行動機について調べてみました。
 

スポンサーリンク



 

原聡悟容疑者を逮捕

5日午前9時半ごろ、島根県出雲市知井宮町の住宅の1階で、女性が頭から血を流して倒れていると親族から119番があった。救急隊員らが住人の無職、原安枝さん(82)を病院に搬送したが、死亡が確認された。警察官が2階の部屋を調べたところ、安枝さんの義理の娘の医療事務、圭子さん(46)も血を流して倒れており、その場で死亡が確認された。

2人の遺体には傷があり、県警は殺人事件として捜査。住宅には安枝さんのほか、圭子さん夫妻とその次男、長女の計5人が同居しているが、県警は6日未明、次男の学生、聡悟(そうご)容疑者(21)を祖母の安枝さんに対する殺人容疑で逮捕した。容疑を認めている。

聡悟容疑者は当初、行方が分からなかったが、5日午後に出雲市内の路上で発見された。県警は動機を追及する。

容疑を認めているという事は、事件を起こしたのは原聡悟容疑者で間違いないでしょう。

 

原聡悟の顔画像や高等専門学校の場所は?

名前:はらそうご

年齢:21歳

顔画像:調査中

自宅住所:島根県出雲市知井宮町

同居人:祖母(安枝さん)・母(圭子さん)・夫・長女

原容疑者は高等専門学校に通っているとのことですが、島根県内の高等専門学校を調べてみると

●国立松江工業高等専門学校

が見つかりました。

この高等専門学校から原容疑者の自宅住所までは、車で1時間ほどの距離です。

ちなみに、島根県の隣に位置する鳥取県の高等専門学校を調べてみると、

●国立米子工業高等専門学校

が見つかりました。

距離としては国立松江工業高等専門学校の方が近く、自宅が島根県内であることを考えると、原聡悟容疑者が通っている学校は国立松江工業高等専門学校である可能性が高いと思われます。

偏差値は60と比較的高く、理数系やものづくりに興味のある生徒が通う学校です。

この学校では

・機械工学科

・電気情報工学科

・電子制御工学科

・情報工学科

・環境・建設工学科

が設置されています。

ということは、原聡悟容疑者がそれなりに勉強が出来て、「将来は何かしらものづくりに関わりたい」と考えていたと思われます。

同級生たちは今回の事件に衝撃を受けているに違いありません。
 

スポンサーリンク



 

犯行動機は何なのか?

では、今回の事件を起こした要因は一体何なのでしょうか?

祖母の命を奪ったことで逮捕されたことを考えると、普段から祖母に何かしら恨みを抱いていた可能性が高そうです。

●生活態度

●言葉遣い

●お金に関すること

●将来に関すること

これらに関して、祖母と意見が合わなかった部分があったのでしょう。

 

今回の事件で、母も亡くなってしまいました。

そうすると、母ともうまくいっていなかったのかもしれません。

「自分の苦しみを誰も理解してくれない」

そんなことを思いながら犯行に及んだのかもしれません。

 

とはいえ、残された家族のことを考えると、胸が痛みます。

何があって今回の犯行に及んだのか、せめて家族に対してはきちんと説明すべきだと思います。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。
 

スポンサーリンク



Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です