吉川洋次の中学や彼女は?出身高校の卒業生にオリンピック選手がいた!

Pocket

東洋大学の吉川洋次選手は、昨年の箱根駅伝で快走を見せたことで一躍注目を浴びました。今後、東洋大学を引っ張っていく逸材の1人です。そこで今回は、吉川洋次選手の高校時代の実績や出身高校のOB、さらには彼女や理想の女性のタイプなどについてお伝えします。
 

スポンサーリンク



 

吉川洋次のプロフィール

名前:よしかわひろつぐ

生年月日:1998年6月9日

身長:169㎝

体重:52キロ

出身地:栃木県

出身中学:黒磯北中学校

出身高校:那須拓陽高校

【主な実績】

●5000メートル:14分15秒73

●10000メートル:28分53秒51

●2018年箱根駅伝:4区区間2位

1年時は出雲・全日本・箱根と大学三大駅伝に全て出場しました。

2年時は、出雲駅伝で6区区間賞を獲得する走りを見せてくれました。

全日本大学駅伝では足に違和感があったため欠場しましたが、箱根駅伝には間に合う見込みです。

 

昨年(2018年)は区間2位だったものの、後ろを走る青山学院のランナーを1分以上引き離しチームの往路優勝に大きく貢献しました。

区間賞まであと1秒というタイムでした。

2019年の箱根駅伝は、3区にエントリーされました。

昨年削れなかった1秒をけずって区間賞を獲得してもらいたいです。

 

高校時代の実績や卒業生は?

吉川洋次選手の出身高校である那須拓陽高校は陸上部が有名であり、吉川選手は1・2年時に全国高校駅伝に出場しています。

その時の成績ですが

●1年時:6区区間8位(チームは総合9位)

●2年時:3区区間11位(チームは総合22位)

高校3年時には、栃木県高校総体陸上男子5000メートル大会で、大会新記録を樹立して優勝を果たしました。

このように、高校時代も目を見張る結果を出していました。

 

那須拓陽高校の卒業生には

渋井陽子(マラソンランナー北京五輪代表選手)

池田宗司(駒澤大学で箱根駅伝に2度出場:現ヤクルト所属)

がいます。

吉川選手は、この2人に負けないぐらいの大物になるポテンシャルを秘めています。

全日本大学で出走できなかった悔しさを、箱根にぶつけてもらいたいです。
 

スポンサーリンク



 

彼女や理想の女性は?

吉川洋次選手に彼女はいるのでしょうか?

現時点では、彼女についての情報はありません。

では、好きな女性有名人は誰なのでしょうか?

それは、この人

話題になったドラマ「大恋愛」に出演した戸田恵梨香さんです。

こんな風にキスをされたら、胸がキュンとしてしまいます。

吉川選手は、将来は大恋愛の末にゴールインすることになるのでしょうか。

社会人になっても協議を続けていくのであれば、そのことを理解してくれるパートナーを選ぶことになるでしょう。

 

気になる箱根の予想区間ですが、吉川選手本人は「4区が自分の実力を出せる区間」と語っていました。

とはいえ、4区は、実力はあるものの経験が浅いランナーが務めることが多いことを考えると、実力があって経験値の高い吉川選手が復路に回る可能性もあると思っていたのですが、実際には3区での出走が決まりました。

吉川選手の走りから、目が離せません。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。
 

スポンサーリンク



Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です