今西駿介の中学や彼女は?高校時代の実績がズバ抜け過ぎていてビックリ!

Pocket

大学駅伝において「青山学院大学の最大のライバル」といえば、やはり東洋大学です。前回の箱根駅伝では6区がキーポイントとなったわけですが、今年もそのような展開になるでしょう。東洋大学で6区を走る可能性が高いのが今西駿介選手であり、高校時代はバリバリの実績を残していた選手です。今回は、今西選手の高校生の時の実績や彼女のこと、さらには昨年の小野田選手とのデッドヒートの様子をお伝えします。
 

スポンサーリンク



 

今西駿介のプロフィール

名前:いまにししゅんすけ

生年月日:1997年8月29日

身長:172㎝

体重:55㎏

出身地:宮崎県

出身中学:高原中学校

出身高校:小林高校

5000メートル自己ベスト:14分08秒91

10000メートル自己ベスト:29分17秒37

2018年は、箱根駅伝で6区区間5位という成績を残しました。

「6区」といえば、青山学院大学の小野田選手が思い浮かびます。

昨年はデッドヒートを繰り広げ、惜しくも敗れてしまいました。

(33分10秒~34分あたりに、2人の一進一退の攻防の様子が映し出されています)

レース後、今西選手は小野田選手のことを「人間じゃねー」と発言していました。

 

箱根駅伝では思うような結果を出すことが出来ませんでしたが、

●出雲駅伝:5区区間賞

●全日本大学駅伝:3区区間4位(6人抜き達成)

このように、しっかり結果を残しています。

2019年の箱根駅伝では6区を走ることになるでしょうが、ライバルは小野田選手だけではありません。

2018年に6区を走ったランナーで区間4位以内に入ったのが

1位:小野田勇次(青山学院大学4年)

2位:中島怜利(東海大学3年)

3位:佐藤敏也(法政大学3年)

4位:横井裕仁(帝京大学4年)

※学年は、2019年年1月時点

このように、区間賞のライバルが多いのです。

力のあるランナーが揃う中で、今西選手がどのような走りを見せてくれるのか楽しみです。

 

高校時代の実績は

今西駿介選手の出身高校である宮崎県立小林高校は、公立でありながら陸上部の名門として知られています。

毎年のように全国高校駅伝に出場し、上位の成績を収めています。

今西選手は3年連続出場し

●1年時:5区区間6位(チームは総合6位)

●2年時:3区区間4位(チームは総合5位)

※このとき、22人抜きを達成

●3年時:3区区間5位(チームは総合5位)

このように、自身の区間順位もチーの順位も3年連続1ケタなのです。

 

今西選手と同学年で、3年連続で全国高校駅伝に出場し「自身の区間順位とチームの順位がともに3年連続1ケタ」という快挙を成し遂げたのは

關颯人(東海大学)

だけなのです。

このことからも、今西選手がどれほど凄いのかが伝わってきます。

大学生として駅伝に挑む期間は残りわずかですが、周囲を驚かせる走りを披露してもらいたいです。
 

スポンサーリンク



 

彼女や理想の女性のタイプは?

今西駿介選手に彼女はいるのでしょうか?

現在は彼女についての情報はありません。

とはいえ、高校時代から陸上部として大活躍していましたから、相当モテていたのではないでしょうか。

 

ちなみに、好きな女性有名人はこちら

2000年1月生まれの18歳であり、中高生に絶大な人気を誇るカリスマモデルの田中芽衣ちゃんです。

田中芽衣ちゃんの出身地は熊本県であり、今西選手と同じ「九州出身」です。

今西選手は、おそらくこのことを知っているでしょう。

 

「もし1億円が手に入ってら実家の牛を増やしたい」と語る今西選手

九州魂を箱根という舞台で見せつけてもらいたいです。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。
 

スポンサーリンク



Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です