荻久保寛也の中学高校や彼女は?オフショットのスマイルが爽やかすぎる!

Pocket

城西大学のエースと呼び声高い荻久保寛也選手は、2018年度の駅伝で立て続けに結果を残し注目を集めています。一体どのような選手なのでしょうか。今回は、荻久保選手の中学や高校時代の実績、さらには彼女の情報やチーム全体の注目ポイントなどについてお伝えします。
 

スポンサーリンク



 

荻久保寛也のプロフィール

名前:おぎくぼともや

生年月日:1997年12月11日

身長:171cm

体重:59㎏

出身地:埼玉県

出身中学:川口市立戸塚中学校

出身高校:三郷工業技術高校

5000メートル自己ベスト:13分55秒53

10000メートル自己ベスト:28分37秒66

2018年の箱根駅伝では、10区を走り区間9位とまずまずの成績を残しました。

 

2018年の出雲駅伝と全日本大学駅伝で素晴らしい結果を残してから、荻久保寛也選手の名が知られ渡るようになりました。

●出雲駅伝:1区区間3位

●全日本大学駅伝:2区区間賞

こちらが、区間賞をとった時のインタビュー映像です。

2区には、青山学院大学の橋詰大慧(4年)、東海大学の關颯人(3年)、東洋大学の西山和弥(2年)など、実力のあるランナーが揃っていたのですが、その中で区間賞を獲得したのです。

城西大学の監督は、荻久保選手のことを「もともとポテンシャルが高い選手が、ようやく開花した」と語っていました。

箱根駅伝での活躍に期待が持てる選手です。
 

スポンサーリンク



 

高校時代の実績は?

荻久保寛也選手は三郷工業技術高校3年時に、1500メートルの関東大会に出場し6位入賞を果たしました。

この高校は陸上部の名門というわけではなく、荻久保選手の在籍時に全国高校駅伝に出場していません。

そのような環境の中で入賞という結果を出したのは、陸上選手としてのポテンシャルが高かったからだと言えるでしょう。

 

埼玉県で陸上部の名門と言えば、埼玉栄高校

毎年のように全国高校駅伝に出場しており、2018年は男女ともに全国高校駅伝に出場することが決まりました。

埼玉県大会で男子は全区間で区間賞という異次元の強さを見せつけました。

 

彼女や理想のタイプは(オフショット写真アリ)

荻久保寛也選手に彼女はいるのでしょうか

現時点では、彼女についての情報は見つかっておりません。

とはいえ、荻久保選手はイケメンですから、女性ファンがたくさんいそうです。

誕生日を迎えたときの荻久保選手のスマイルがコチラ

爽やかな好青年というイメージですね。

そんな荻久保選手の好きな女性有名人はコチラ

週刊少年マガジンの表紙を飾った武田玲奈ちゃんです。

荻久保選手がこの表紙を見たら「自分も陸上雑誌の表紙を飾りたい」と感じるのではないでしょうか。

そのためには、今後の活躍が必要不可欠です。

 

チーム全体の注目ポイント

城西大学は、2018年に出雲&全日本大学駅伝で、チーム最高順位を更新しました。

(出雲駅伝・全日本大学駅伝共に8位です)

 

箱根駅伝のチーム最高順位は、6位です。(前回は7位でした)

箱根でもチーム最高順位更新となるのか、注目です。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。
 

スポンサーリンク



Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です