山下一貴の中学高校や彼女は?チーム関係者の結婚ラッシュに選手達も歓喜!

Pocket

駒澤大学の次期エース候補として注目を集めているのが、山下一貴選手です。出身高校の名前は漢字が難しく「一体何て読むの?」と思ってしまいました。今回は、山下一貴選手の高校・大学時代の実績や彼女の事、さらにはチーム関係者の結婚情報などについてお伝えします。
 

スポンサーリンク



 

山下一貴のプロフィール

名前:やましたいちたか

生年月日:1997年7月29日

身長:171㎝

体重:54㎏

出身地:長崎県

出身中学:滑石(なめし)中学校

出身高校:瓊浦(けいほう)高校

中学校も高校も、「何て読むの」と思ってしまう名前です。

【主な実績】

5000メートル自己ベスト:13分55秒33

10000メートル自己ベスト:28分31秒89

2018年箱根駅伝:2区区間13位(総合12位)

2018年予選会:全体で13位

2018年全日本大学駅伝:8区区間2位(総合4位)

2018年の箱根駅伝では、山下選手にとってもチームにとっても悔しい結果に終わってしまいました。

ですが、予選会でぶっちぎのトップ通過を果たしたり、全日本大学駅伝の総合4位の結果を踏まえると、少しずつ「強い駒大」の姿を取り戻しつつあるといえます。

チームの箱根駅伝の目標は「総合3位」

そのためには、山下一貴選手の活躍は欠かせません。

 

高校時代の実績は?

山下一貴選手の出身高校である瓊浦(けいほう)高校は、長崎県にある私立の共学校です。

卒業生には

●下柳剛(元プロ野球選手)

●大仁田厚(プロレスラー)

などがいます。

山下選手は高校3年時に、全国高校駅伝に出場しています。

その大会で3区を走り区間28位(総合成績は59チーム中46位)という結果でした。

中学時代から陸上を始めていた山下選手にとって、この結果は納得のいくものではなかったはずです。

 

大学に入学した頃はチームの練習にもついて行くことができなかったのですが、その状況からメキメキと実力を伸ばし、今では「次期エース候補」と呼ばれるまでになりました。

この表情を見ていると、応援したくなります。

箱根駅伝で区間賞争いをしている姿を、ぜひ見てみたいです。
 

スポンサーリンク



 

彼女やチーム関係者の結婚情報

山下一貴選手の彼女の情報を調べてみても、何の情報もありません。

監督は厳しいでしょうから「男女交際禁止」というルールが駅伝部の中にあるのかもしれません。

 

実は、駒澤大学の駅伝部のコーチを務める藤田敦史さんが、今年結婚したのです。

現在は42歳ですが、相変わらず爽やかです。

マラソンの日本人歴代4位の記録保持者です。

 

そして、駒澤大学の駅伝部OBでもう1人結婚した人がいます。

それは、この方!

4月に結婚したとのことですが、このニュースを知ったのは12月になってからです。

子供が誕生したら、とんでもないポテンシャルを秘めたアスリートになりそうです。

 

駒澤大学の駅伝部に関して注目を集めているのが「どのタイミングで監督が交代するのか」

私としては、大八木監督にもう少し続けてもらいたいです。

箱根駅伝の優勝は厳しいかもしれませんが、三大駅伝のどれかで駒澤大学が優勝する姿をもう1度見てみたいです。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。
 

スポンサーリンク



Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です