浦野雄平の中学高校や彼女は?全日本駅伝で11人をゴボウ抜きした実力者だった!

Pocket

2019年の箱根駅伝で「台風の目」となりそうな國學院大学の注目ランナーの1人が、浦野雄平選手です。高校時代から実力のあるランナーたちとしのぎを削っており、大学に入ってからさらに実力を高めてきました。今回は、浦野雄平選手の高校・大学時代の実績や彼女の事、さらには理想の女性のタイプなどをご紹介します。
 

スポンサーリンク



 

浦野雄平のプロフィール

名前:うらのゆうへい

生年月日:1997年11月1日

身長:166㎝

体重51㎏

出身地:富山県

出身中学校:氷見南部中学校

出身高校:富山商業高校

5000メートル自己ベスト:13分59秒23

10000メートル自己ベスト:28分51秒91

 

【主な実績】

1年時:箱根駅伝6区区間17位

2年時:箱根駅伝1区区間2位

3年時

箱根駅伝予選会で全体7位、全日本大学駅伝2区区間3位(11人抜き)

世界クロカン6位、関東インカレ5000メートル3位

このように、2年時~3年時にかけて結果を出し続けています。

しかも、箱根駅伝の予選会のタイム(1時間2分2秒)は、國學院大の最高記録なのです。

どのレースに出場してもしっかりと結果を残す浦野選手

2019年の箱根駅伝では5区にエントリーされ、ファンを驚かせました。

「往路で他校と差を広げたい」という意気込みが伝わってきます。
 

高校時代の実績は?

浦野雄平選手の出身高校である富山商業高校は、野球部が強くてこれまで何度も甲子園に出場しています。

野球部以外にも、陸上部や吹奏楽部は全国大会の常連として知られています。

浦野選手は全国高校駅伝に3年連続で出場しています。

1年:7区区間25位(チームは39位)

2年:1区区間40位(チームは38位)

3年:1区区間31位(チームは18位)

浦野選手が3年時の1区のメンバーは実力者がこれでもかというぐらい揃っており

●關颯人

●館澤亨次

●鬼塚翔太

●郡司陽大

●阪口竜平

●松尾淳之介

●西川雄一朗

●羽生拓矢(ここまで、全員東海大学の3年)

●鈴木塁人(青山学院大学:3年)前回箱根1区区間5位

●竹石尚人(青山学院大学3年)前回箱根5区区間5位

●西山和弥(東洋大学:2年)前回箱根1区区間賞

●畝拓夢(中央大学:2年)前回箱根5区区間10位

などがいます。

 

全国高校駅伝は1区がもっとも距離が長く(10キロ)、各校ともエースをぶつけてくる傾向にあります。

浦野選手は区間内で上位に食い込むことができませんでしたが、國學院大学の前田監督から

「強くなれるからウチのチームでやらないか」

と誘われたことがきっかけで、國學院大学に進学しました。

高校3年時のリベンジを、箱根駅伝で果たしたのは見事です。
 

スポンサーリンク



 

彼女や理想の女性のタイプは?

浦野雄平選手に彼女はいるのでしょうか。

現時点では彼女についての情報は見つかっていませんが、高校は商業高校であり、当時からモテていたと思われます。

では、好きな女性有名人は誰なのでしょうか?

それは、コチラ

乃木坂46の白石麻衣です。

普段、猛練習をしている箱根メンバーにとってアイドルの笑顔は「つかの間の癒し」となるでしょう。

浦野選手には、白石麻衣さんに覚えられるぐらいのインパクトを、残してもらいたいです。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。
 

スポンサーリンク



Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です