来田涼斗(明石商業)の彼女や出身中学は?入学前は28校から誘われていた!

Pocket

最近は、兵庫県の明石商業に実力のある選手が集まるようになってきたのですが、その中でもずば抜けているのが来田涼斗選手です。1年春からレギュラーを掴み夏の甲子園ではスタメンで出場しました。今回は、そんな来田選手の出身中学や彼女の情報、さらにはプレー動画などについてお伝えします。
 

スポンサーリンク



 

来田涼斗(明石商業)のプロフィール

名前:きたりょうと

生年月日:2002年10月16日

身長:178㎝

体重:78㎏

出身中学:神戸市立長坂中学校

出身チーム:神戸ドラゴンズ(ヤングリーグ)

小学校時代にはオリックスジュニアに所属しており、当時から実力がズバ抜けていました。

中学時代は合計で28校から誘いを受けており、その中には大阪桐蔭も含まれていたようです。

ですが、来田選手は

「兄がいた明石商業に行って甲子園に出場したい」

という想いを貫き、明石商業に入学しました。

来田選手の兄の渉悟さんは3歳年上で野球部に所属していたものの、甲子園出場を果たすことはできませんでした。

「兄の分まで、甲子園で活躍したい」という強い思いを抱いているでしょう。

高校入学直後からレギュラーを勝ち取り、1年夏に甲子園出場を果たしました。

 

2018年夏の甲子園成績&プレー動画

八戸学院光星と対戦し、4打数2安打という成績を残しました。

ヒットを打ったことよりも、サヨナラ負けのきっかけとなるエラーをしてしまったことを悔しがっており、試合終了直後は目を潤ませていました。

「必ず甲子園に戻ってくる」と宣言し、その言葉は現実のものとなりました。

 

2018年秋の近畿大会の成績とプレー動画

近畿大会では

17打数4安打(打率.235)・1本塁打・5打点

このように、なかなか調子が上がらなかったのですが、智辯和歌山戦では豪快な1発を放ちました。

思いっきり振り抜く姿は、ソフトバンクの柳田選手をほうふつとさせます。

ちなみに、来田選手の好きなプロ野球選手は、柳田選手

甲子園でもフルスイングでホームランをかっ飛ばしてもらいたいです。
 

スポンサーリンク



 

彼女はいるのか?

来田涼斗選手に彼女はいるのでしょうか。

現時点では、彼女についての情報はありません。

明石商業の野球部は練習時間が長いことが有名であり、彼女を作っている暇はないでしょう。

とはいえ、下級生ながらレギュラーを張って男前の来田選手ですから、学校内では相当モテているに違いありません。
 

来田選手に似たタイプのプロ選手は?

私の中で、真っ先に思い浮かんだのはこの選手

明徳義塾高校出身の西浦颯大(現オリックス)です。

身長178㎝・体重70キロとそれほど体は大きくないものの、長打力を備えている部分が来田選手に似ています。

西浦選手は先日、巨人の菅野からどデカい一発を放ちました。

プロ2年目ながらレギュラー候補に名前があがっています。

来田選手にも西浦選手にも、今後ドンドン活躍してもらいたいです。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。
 

スポンサーリンク



Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です