冨田健悟(桐蔭学園)の彼女や中学は?双子揃って甲子園出場の快挙を成し遂げる!

Pocket

桐蔭学園の冨田健悟選手と横浜高校の冨田進悟選手が揃って甲子園に出場することになりました。同じ学校ならともかく、異なる学校に通う双子でこのようなケースが起きるのは前代未聞です。今回は、兄の健悟選手の出身中学や彼女の事、さらには進路のことなどをお伝えします。

スポンサーリンク



冨田健悟(桐蔭学園)のプロフィール

名前:とみたけんご

生年月日:2002年5月10日

身長:174㎝

体重:65㎏

出身中学:立教新座中学校

所属チーム:新宿シニア

健悟選手も進悟選手も小学校・中学校時代の所属チームは「東京北砂リトル-新宿シニア」と共通しています。

ただし、健悟選手は「立教小学校→立教新座中学校」なのですが、進悟選手は小中ともに公立に通っていました。

健悟選手は「野球も勉強も頑張る」

進悟選手は「野球を精一杯頑張る」

という考えが強いのだと思われます。

とはいえ、2人とも下級生ながら名門高校のレギュラーに食い込んでいるわけですから、ポテンシャルが高いのは間違いありません。

 

健悟選手が所属する桐蔭学園は関東大会優勝を果たしたものの、自身は悔しい思いをしました。

関東大会初戦(常総学院戦)の9回裏1アウト満塁で打席が回ってきたのですが、三振してしまいました。

初球から積極的に打ちに行くことが持ち味であるにも関わらず、それができなかったのです。

(その後、森選手が満塁ホームランを放ち、チームは逆転サヨナラ勝ちを収めました)

 

冬の練習では、初球を仕留めることを意識して練習を積んできました。

1番を任されるケースが多く、チームに勢いをもたらす貴重な役割を担っています。

甲子園ではどのようなバッティングを見せてくれるのか、楽しみです。

スポンサーリンク



彼女はいるのか?

冨田健悟選手は、彼女がいるのでしょうか。

現時点では、彼女についての情報はありません。

野球と勉強に忙しい事を考えると、彼女を作っている暇はないのでしょう。

とはいえ、兄弟同士で「どっちが先に彼女が出来るのか」ということを意識しているのかもしれません。

もし相手が先にできてしまったら、うれしい半面、複雑な気持ちも同時に抱くのではないでしょうか。そんな気がします。

進路はプロ?それとも大学?

冨田健悟選手の将来の目標は「プロ野球選手」であり、そうすると高校を卒業しても野球を続けるつもりでいるのでしょう。

とはいえ「高卒で即プロ入り」という可能性は低いと思われます。

というのも、桐蔭学園卒業生の現役プロ野球選手を見てみると

●鈴木大地(東洋大学→ロッテ)

●井領雅貴(JX-ENEOS→中日)

●若林 晃弘(法政大学→JX-ENEOS→巨人)

●茂木栄五郎(早稲田大学→楽天)

●齊藤大将(明治大学→西武)

いずれも、大学(あるいは社会人)を経由してプロ入りしています。

過去には高橋由伸や高木大成といった高校時代から注目を浴びていた選手もいましたが、大学を経てプロ入りしています。

そうすると、冨田健悟の場合も大学や社会人を経てプロの道を目指す可能性が高そうです。

高校卒業後の進路からも目が離せません。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

 

スポンサーリンク



Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です