石川昂弥 彼女は?中学時代に大阪桐蔭から誘われた逸材だった!

Pocket

2019年春のセンバツにに出場する選手の中でプロからも注目されているのが、石川昂弥投手です。現在はチームのエースを務めていますが、もともとは野手でありバッティングの実力は高校生離れしています。今回は、石川昂弥選手が東邦高校に進学したきっかけやプレー動画、さらには彼女のことなどをお伝えします。
 

スポンサーリンク



石川昂弥のプロフィール

名前:いしかわたかや

生年月日:2001年6月22日

身長:185㎝

体重:81㎏

出身地:愛知県

出身中学:半田市立亀崎中学校

 

石川選手の両親はともに東邦高校出身であり、まさに「東邦一家」です。

(このことが、昂弥選手が東邦行きの決め手となった模様です)

また、父親は野球をやっていた影響もあり、昂弥選手も自然と野球に親しむようになりました。

小学校6年生の時には中日のジュニアチームに選ばれ、中学3年生の時にはNOMOジャパンに選出されました。

石川選手を中学時代から知っている関係者の間では「東邦に行けば1年夏から試合に出られる」と言われていました。

(この言葉は、現実となりました)

実際、大阪桐蔭の西谷監督が足しげく石川選手のもとに通っていたのです。

万一大阪桐蔭に進学していたら、クリーンアップを打てていたかどうかは分かりませんが、間違いなくレギュラーとして出場していたでしょう。

現在、プロ注目の選手として知られていますが、やはりそのような選手は高校入学前から「逸材中の逸材」というレベルに達しているものです。

 

高校時代の主な成績&プレー動画

1年夏からベンチ入りを果たしたものの、このときは2打席立って、安打を放つことは出来ませんでした。

1年秋から4番を任され結果を残し、2年春には甲子園に出場しました。

ですが、甲子園では4打数0安打に終わってしまい、実力を発揮することは出来ませんでした。

2年秋から投手としてマウンドに立つようになりましたが、打撃面では驚異的な成績を残しています。

【2年夏・県大会】

19打数14安打(打率.737)・1本塁打・12打点

【2年秋・県大会】

41打数18安打(打率.439)・6本塁打・22打点

【2年秋・東海大会】

11打数7安打(打率.636)・1本塁打・5打点

2018年6月には大阪桐蔭の根尾君と対戦しています。

見事なバッティングです。

プロのスカウトからも「いいものを持っている」と高い評価を受けています。

現在は投手をやっていますが、プロでは野手として指名されることになるでしょう。

甲子園が終わっても、ドラフト前後の時期にさらに注目を集めることになるでしょう。
 

スポンサーリンク



 

彼女はいるのか?

石川昂弥選手に彼女はいるのでしょうか。

現時点では、彼女についての情報はありません。

東邦高校といえば「マネージャーが可愛い」という印象があります。

横にいるのは、現中日の藤嶋健人投手です。

このシーンが何度も放送されたことで「マネージャーは藤嶋投手の彼女ではないのか」という憶測が飛び出しました。

そういえば、藤嶋選手も石川選手と同様に「エースで主軸」という立場でした。

 

そして、今年のマネージャーはコチラ

前列でしゃがんでいる5人が、石川選手と同じ学年のマネージャーです。

もしマネージャーが甲子園のベンチで石川選手の横にいたら、画になりますね。

東邦高校の女子生徒の中には「石川君の彼女になりたい」と考えている人が何人かいるでしょう。

甲子園では、昨年の分まで活躍してもらいたいです。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。
 

スポンサーリンク



Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です