林和成(星稜)離婚の真相は?あの有名監督にも離婚報道が⁉

Pocket

星稜高校の監督を務める林和成さんは、星稜高校の黄金時代を築いていきそうな予感がします。一部では「離婚」のウワサもありますが、果たして本当なのでしょうか。今回は、この内容や野球界の有名監督の離婚の真相についてもお伝えします。
 

スポンサーリンク



 

林和成(星稜高校監督)の離婚の真相

林和成監督のことを調べてみると「離婚」というワードが表示されます。

本当に離婚したのでしょうか。気になってしまいました。

離婚について、ニュースなどで取り上げられたわけではないので断定することはできませんが、

●2014年の時点で奥さんと娘がいた

ということは事実です。

そうすると

●現在も一緒に暮らしていれば離婚はしていないが、そうでなければ離婚している

と考えることができます。

選手たちは

「たとえ離婚していたとしても、監督を信用している」

と考えているのでしょう。

あの有名監督にも離婚報道が

これは、現役プロ野球の監督の話です。

2018年12月、このような報道がありました。

週刊文春にも報道されていました。

家族のことを大切にしているイメージが強かったので、ビックリしてしまいました。

報道では「極秘離婚」と言われていますが、この画像を見てください。

「⑦独身」と表記されており、井口監督としてみれば「隠してはいない」と考えていそうです。

文春側は、ニュースを目立たせるために「極秘」というワードを使ったのでしょう。

2019年はプライベート関連で世間を騒がせるのではなく、球界のスターになりうる藤原恭大選手をしっかり育て、チームを勝たせることに専念して頂きたいです。
 

スポンサーリンク



 

林和成監督(星稜高校野球部)の経歴

名前:はやし かずなり

生年月日:1975年7月23日

年齢:42歳

出身地:石川県

出身高校:星稜高校

出身大学:日本大学

指導科目:地歴公民

高校時代は松井秀喜選手と三遊間を組み、甲子園にも出場しました。

結果的に「スター」となった松井選手の横を守っていたことは、林監督にとっても良き思い出の1コマと言えるでしょう。

 

大学時代は準硬式野球部に所属し、キャプテンを務めました。

大学4年時に「卒業したら母校である星稜高校のコーチにならないか」と誘いを受けました。

家業を継ぐか、野球界に身を投じるか

散々悩んで、松井選手に相談しました。

 

そこで

「どちらの道を選んだとしても、応援する」

「もし星稜で指導者になれば、全面的に協力する」

といった言葉をかけられ、指導者の道に進みました。

 

【指導者としての経歴】

1998年~:星稜高校のコーチ

2004年~:星稜高校野球部長

2011年~:星稜高校監督

2013・2014・2016年に、監督として夏の甲子園に出場しています。

 

星稜高校の監督と言えば、山下智茂さんが真っ先に思い浮かびます。

偉大な名監督と同じ立場になった時のプレシャーは半端なものではなかったはずです。

そんな林監督に対して、松井さんは

「伝統とか気にすることはない!林監督の色を出せばいい!」

とアドバイスしたのです。

現役時代に、読売巨人軍ニューヨーク・ヤンキースなど伝統ある球団でプレーした人の言葉だけに、重みがありますね。

今後、星稜高校の新たな伝統を築き上げることを期待されている監督です。

 

2018年の甲子園開幕戦は、松井秀喜さんが始球式を務める試合に出場することになり、林和成監督自身

●震えが止まらない

●この上ない喜び

と語っていました。

林監督にとっても星稜の選手にとっても初戦は「絶対に負けられない戦い」といえる状況の中、見事に勝利しました。

そして、2019年春のセンバツ大会にも出場することになりました。

「優勝候補」と呼び声高い中、どのような結果を残すのか注目です。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。
 

スポンサーリンク



Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です