中森俊介の彼女や中学は?智弁戦でのインハイはシビれるほど圧巻!(動画アリ)

Pocket

近年「強豪校」に位置づけられる明石商業高校のエースを務めるのが中森俊介君です。中学時代から実力が抜きん出ていましたが、メディアに取り上げられることはありませんでした。しかし、昨年夏に瞬く間に有名になりました。今回は、中森選手のプロフィールやピッチング動画、さらには彼女のことなどについてお伝えします。

スポンサーリンク



 

中森俊介の中学やプロフィール

名前:なかもりしゅんすけ

生年月日:2002年5月29日

身長:182㎝

体重:83㎏

出身地:兵庫県

出身中学:篠山市立篠山東中学校

所属チーム:三田ボーイズ

中森君が所属していた三田ボーイズは比較的新しいチームであり、中森君の代が「7期生」です。

全国的にそこまで有名ではなかったはずですが、40校以上の高校から誘いがきたのです。

明石商業に入学することを決めた時、指導者たちは相当喜んだに違いありません。

スポンサーリンク



彼女はいるのか?

中森俊介選手に彼女はいるのでしょうか?

現時点では、彼女についての情報はありません。

「今は彼女どころではない」と考えているのかもしれません。

とはいえ、下級生ながらチームのエースですから、学校内では相当モテるでしょう。

今大会の活躍次第では、高校野球雑誌の表紙に顔写真が掲載されるかもしれません。

そうすると、女性ファンが一気に増えそうです。

今後の中森君の活躍から目が離せません。

高校時代の主な成績&プレー動画

1年夏の県予選

●投球回数:3分の2

●失点:0

 

1年夏の甲子園

●投球回数:2回3分の1

●奪三振:2

●失点:1(自責点0)

甲子園では145キロを計測し、周囲を驚かせました。

 

1年秋の秋季大会

●投球回数:31

●奪三振:42

●防御率:2.30

数字的にはそれほど悪くありませんが、中森選手自身

「背番号1をつけている者としてふがいないピッチングで、悔いの残る大会だった」

と語っていました。

冬はしっかり体づくりに取り組み、2019年春に2度目の甲子園に出場しました。

「甲子園ではスピードだけにこだわるわけではないが、150キロを出したい」

とスピードへのこだわりを語っていました。

2年春の甲子園

●投球回数:34回

●奪三振:32

●防御率:1.85

圧巻だったのが智辯和歌山戦

この試合は与四球や球数が普段より多くなってしまいましたが、その中で粘りのピッチングを披露しました。

(この試合は与四球8、球数161でした)

 

準決勝の東邦戦では「ストレートで押せる」という自信が裏目に出てしまい、ホームランを打たれて敗れました。

この試合後に「もっと制球を追求したい」と語っていました。

 

2年夏の県予選

●投球回数:21回3分の2

●奪三振:30

●防御率:2.08

昨年と比べると明らかにストレートと変化球の質が向上しています。

「本当に2年生なの?」と思ってしまいます。

2年夏の甲子園

初戦の花咲徳栄戦は9回3失点の完投勝利、準々決勝の光星学院戦では2回3分の1を無失点に抑えました。

そして、ついに150キロを計測しました。

ストレートの威力が抜群なだけでなく、変化球を巧みに操るのも中森君の持ち味です。

明石商業初の「高卒プロ入り」の可能性を秘めています。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

スポンサーリンク



Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です