ぼっち飯の高校生の悩みを解決!寂しさを回避する方法は?

Pocket

「高校生になってからぼっち飯をするようになり、どうしても寂しい」

「周りの目がどうしても気になってしまう」

「寂しさを回避するには、どうすればいいの」

あなたは今、こんな風に思っているのではないでしょうか。

 

じつは私も、高校生の時は「ぼっち飯」をしていた時期があります。

どうすれば寂しさを感じないかを考え、実際にいろいろ試してみました。

中にはお手洗い場で弁当を食べる人もいるようですが、やっぱりそんなことはしたくないですよね。

そこで今回は、

●高校生がぼっち飯の寂しさを回避する3つの方法

●ぼっち飯が素晴らしいことだと言える理由

これらの内容をお伝えします。
 

スポンサーリンク



 

ぼっち飯の高校生が寂しさを回避するには?

その1

1つ目は、本を読みながら食べることです。

読む本は、漫画でも小説でも、あるいは参考書や問題集でも構いません。

本を読みながら食べていると、本の内容に意識が向くために周囲のことが気にならずに弁当を食べることができます。

私も高校生の時に、本を読みながら1人で弁当を食べたことがあります。

何もせずに1人で弁当を食べていると、どうしても周囲の視線がきになったものですが、本を読みながら食べていると、周囲のことがどうでもよくなってきました。

明日からは、カバンの中にお気に入りの本を1冊入れていくようにすることをおすすめします。

弁当を食べ終わったら、そのまま図書室に行って好きな本を読むようにすると、昼休みの寂しさを解消することができます。

 

その2

2つ目は、スマホを見ながら食べることです。

ただし、学校でスマホの持ち込みを禁止されているのであれば、この方法はあまりおすすめできません。

スマホの場合は動画を見ることができるので、昼休みの退屈な時間を楽しい時間に変えることができます。

音漏れが気になるのであれば、イヤホンを設置すれば一発で解決します。

その3

3つ目の方法は、別の教室にいる友達と弁当を食べることです。

これは、

●一緒にお弁当を食べる友達が別の教室にいる

●なおかつ、どうしても1人で食べることが苦痛で仕方がない

という状況の解決策です。

私も、高校生の時にこの方法を用いてぼっち飯を回避したことがあります。

「一緒に弁当食べよう」と言ったら、快く受け入れてくれました。

 

とはいえ、毎日別の教室にいる友達を誘うのも、気が引けるものです。

ですので、

●1人で食べる時は本やスマホを見ながら食べる

●時々、別の教室にいる友達と一緒に食べる

そうすると、ぼっち飯の寂しさを解消することができます。
 

スポンサーリンク



 

ぼっち飯の高校生を周囲はどのように感じているのか?

これは、ぼっち飯で悩んでいる高校生の多くが気にしていることです。

「周囲から『あいつ一人で弁当食べている』と思われているのではないか」

こう考えてしまうのは、無理のないことです。

私もぼっち飯を開始したころは、無茶苦茶気になりました。

 

ですが、1~2ヵ月経つと、周囲はあなたに対して

「あの人は、一人で弁当を食べる人」

と認識するようになり、何も感じなくなるものです。

むしろ、一人で堂々と弁当を食べている姿にあこがれの気持ちを抱く高校生もいるものです。

 

実際、他の誰かと弁当を食べていると、興味のない話題が出てきたときに、それに合わせて話をしないといけません。

ですが、結構面倒くさいものです。

案外、

「自分も一人で弁当食べたいなあ」

「その方が気楽だ」

と感じているものなのです。

 

ですので、臆することなく

「ぼっち飯、最高!」

と心の中で思って堂々としていればよいのです。

※口にすると変人扱いされる可能性もあるので、口にするには控えましょう(笑)

 

ぼっち飯とは、実は素晴らしいことである!

「ぼっち飯」と聞くと、ネガティブな印象を抱く人が多いのですが、全然そんなことはありません。

高校生のうちは、ぼっち飯というのは何だかよくないイメージを持っているものですが、社会人になると考えが一変します。

社会人になれば、同じ会社の同期のメンバーは少なく、1人でランチを食べる機会が多くなります。

そんな状況にも関わらず、1人でランチすることができないとなると、悩まなくてよいことで悩むことになります。

このことを知っていると、ぼっち飯に対するネガティブな価値観を薄めることができます。

 

また、1人の時間を過ごせるというのは、とても貴重なことなのです。

社会人になって、誰も考え付かないようなことを提案できる人と言うのは、1人で考え事をする時間が長いのです。

歴史上で「発明家」と呼ばれる人たちは、誰かと群がっておしゃべりをする時間はほとんどありません。

そんなことをしていては、世の中にインパクトを与える発明品を生み出すことは不可能です。

誰にも邪魔されずに1人でじっくりあれこれ考えるからこそ、ある日突然優れたアイデアを生み出すことができるのです。

 

「社会人になったら一人で昼ごはんを食べるのは、むしろ当たり前」

「1人で過ごす時間は、とても貴重であること」

そう思いながら、堂々とぼっち飯をすることをおすすめします。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。
 

スポンサーリンク



Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です