久保貴大(佐賀北高校野球部監督)の経歴は?想像を絶する苦労を乗り越え甲子園出場!

Pocket

佐賀北高校野球部が5年ぶりの甲子園出場を決めました。予選から接戦が多く「がばい旋風」をほうふつとさせる展開を繰り広げていました。今回は、佐賀北高校の夏の戦績はもちろん、監督を務める久保貴大さんの経歴や、想像を絶する試練を乗り越えたエピソードをご紹介します。
 

スポンサーリンク



 

佐賀北高校野球部2019年夏の戦績

●2回戦:佐賀北4-3鹿島

●3回戦:佐賀北5-1龍谷

●準々決勝:佐賀北2-1伊万里農林

●準決勝:佐賀北10-0神埼清明

●決勝:佐賀北4-1鳥栖

どの試合も白熱した展開でした。

2回戦は3点リードを奪われる展開になったものの、その後逆転しました。

実は、代打で出場した選手が2点タイムリーを放ったことで流れを引き寄せることができました。

準々決勝では、またもや代打で出場した選手が2点タイムリーを放ち、勝利をつかみました。

久保監督の采配がここでも的中しました。

 

そして、準決勝と決勝でも試合巧者ぶりを発揮し、学校として5年ぶりの甲子園出場を決めました。

決勝戦の様子はコチラ

久保監督は

「選手の時の経験が活きる分からないですが、監督していけるので本当に幸せで子どもたちに感謝したい。

精一杯自分のできることをやりたい」

と語っていました。

選手&監督で甲子園優勝という快挙を果たせるか、注目です。

 

久保貴大監督の経歴

名前:くぼたかひろ

生年月日:1989年6月13日

出身地:佐賀県

出身高校:佐賀北高校

出身大学:筑波大学

大学卒業後は、

ジェイプロジェクト

佐賀大大学院

を経て、2016年に佐賀北高校野球部副部長となり、2017年秋から監督に就任しました。

佐賀北高校副部長に就任したとき、同い年の中村晃選手からメッセージが届きました。

佐賀北高校と中村晃選手率いる帝京高校は準々決勝で対戦し、延長戦の末に佐賀北高校が勝利しました。

この試合も手に汗握る展開で非常に見応えがありました。

久保監督はまだ30歳と若く、トントン拍子で監督になったと思われてしまいますが、監督就任後は想像を絶する苦労がありました。
 

監督就任後の苦労とは?

久保監督が佐賀北高校野球部の監督に就任する前は、佐賀北高校を甲子園優勝に導いた百崎敏克さんが監督をしていました。

(現在、百崎監督は副部長をしています)

昨年は、監督になって初めての夏の大会となったのですが、結果はまさかの初戦敗退

その後、選手たちからも不満がではじめ

「監督を百崎さんに戻してほしい」

という声もあがっていたのです。

ベテラン監督から引き継いだ監督として、もっとも言われたくない一言です。

ですが、久保監督はくじけることなく、日誌を通して意見交換をしたり、県外の高校に出向いて指導方法を学びに行ったりもしました。

 

春ごろにはチームがまとまりはじめ、キャプテンの小野颯くんが

「人のせいにせず、日本一になった監督を信じてついていこう」

と言ったことで、チームに一体感が生まれました。

監督、選手共に試練を乗り越えて一体感があるチームは、やはり脅威です。

甲子園でどのような戦いを見せるのか、非常に楽しみなチームです。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。
 

スポンサーリンク



 
 
【2019年夏の注目情報】

林和成監督(星稜)の経歴?内山&東海林のバッティングがエグイ!

岡田龍生監督(履正社)の経歴や息子は?ノックのスピードは日本一!

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です