佐々木洋監督(花巻東高校野球部)の経歴は?大船渡へのコメントはまさに人格者!

Pocket

岩手県の花巻東高校が2年連続の甲子園術場を果たしました。監督を務める佐々木洋さんは「人格者」と評価されており、それが大船渡高校へのコメントにも表れていました。今回は、コメント内容や佐々木監督の経歴、さらには注目選手情報をお届けします。
 

スポンサーリンク



 

花巻東高校野球部2019年夏の戦績

●2回戦:花巻東5-4花巻北

●3回戦:花巻東4-0平舘

●4回戦:花巻東8-3水沢

●準々決勝:花巻東9-3一関学院

●準決勝:花巻東11-5黒沢尻工

●決勝:花巻東12-2大船渡

もっとも危なかったのが、初戦の花巻北との試合

8回まで3-0とリードしていたものの、9回表に4点を取られてしまったのです。

「もしかして初戦敗退か」という危機的状況の中、9回裏に同点に追いつき延長戦でサヨナラ勝ちを収めました。

決勝戦では大船渡高校相手に大勝し、2年連続10度目の甲子園出場を果たしました。

 

佐々木監督は

「戦力的には全国でも戦える力は持っている」

と語っていました。

昨年は下関国際相手に延長戦の末敗れ、悔しい思いをしました。

今年のチームは県大会決勝で異様な空気の中で試合をした経験があり、大舞台でも物おじせずにプレーできるでしょう。

どこまで勝ち上がるのか、注目です。

 

佐々木洋監督の経歴

名前:ささきひろし

生まれ:1975年

年齢:43歳

出身地:岩手県

出身高校:黒沢尻北高校

出身大学:国士館大学

担当科目:日本史

花巻東高校の野球部監督に就任したのは2001年で、それ以前は横浜隼人高校でコーチをしていました。

佐々木監督と言えば、メジャーリーガーの菊池雄星選手大谷翔平選手を育てた監督としてあまりにも有名です。

高校野球の監督として、メジャーリーガーになった選手と2人以上関わった経験があるのは、佐々木監督だけです。

今年の夏は、大船渡の佐々木君が脚光を浴びましたが、いずれまた花巻東から大スターが誕生する予感がします。

 

大船渡高校へのコメント

大船渡高校の佐々木君が決勝戦で登板なかったことに対し、大騒動となりました。

中には「絶対に投げさせるべき」と発言した評論家もいました。

これに対して、ダルビッシュ投手もコメントしたことで反響を呼びました。

ところがそれ以上に驚いたのが、佐々木洋監督のコメントです。

決勝戦で先発しなかったことに対して

●まずはケガを心配した。その上でなるべく出さない展開にしたいと思った

と語っていました。

さらに

●自分は雄星を預かった経験で、翔平のときに改善できた部分もある。ケガをするしないだけではない凄い選手を預かる苦労は必ずある

やはり、菊池雄星選手や大谷翔平選手を預かった経験がある監督なだけに、言葉に「重み」があります。

そして何よりも、相手チームや監督に対する「思いやり」にあふれています。

このコメントを、ぜひ張本さんにも聞いてもらい、そのうえでどんな風にコメントするか聞いてみたいです。
 

スポンサーリンク



 

注目選手情報

今夏の花巻東高校の注目選手は、ドラフト候補としても名前が挙がっている西舘勇陽(ゆうひ)投手

昨夏も甲子園で登板した実力のある投手で、最速150キロを計測します。

入学当初は最速127キロだったストレートが、半年後には140キロを計測するようになりました。

「岩手のレベルの高さを、全国でも示していけるように1戦1戦戦いたい」

と語った西舘投手

大船渡の選手の分まで、頑張ってもらいたいです。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。
 

スポンサーリンク



Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です