東海林(しょうじ)航介の中学や進路は?予選決勝で劇的満塁弾を放つ!(映像アリ)

Pocket

星稜高校の1番バッターの東海林航介くんの苗字は非常に珍しいです。読み方は「しょうじ」です。下級生の頃からレギュラーとして活躍しており、今大会注目バッターの1人です。今回は、東海林航介くんの出身中学や進路のこと、さらには県大会決勝の劇的満塁ホームランや甲子園でのプレー映像をお届けします。
 

スポンサーリンク



 

東海林航介の出身中学やプロフィール

名前:しょうじこうすけ

生年月日:2001年10月24日

身長:180㎝

体重:76㎏

出身中学校:星稜中学校

中学時代から星稜に所属しており、中学3年の時に全日本少年夏季軟式野球大会で優勝しました。

高校入学後、1年秋からレギュラーとして活躍しており、今夏で4期連続甲子園出場となります。

 

もともとは内野手でしたが、2年になってから外野を守っています。

守備と走塁が持ち味の選手なのですが、ひと冬を超えてパワーが増してきました。

昨夏は、県大会に5試合に出場しホームランは0本でしたが、今夏は5試合に出場しホームランを3本放っています。

林監督からは

「東海林が打線のキーマンとなる」

と名前を挙げられていました。

 

進路はプロなのか?

東海林航介選手は高校卒業後の進路はどうなるのでしょうか?

本人の将来の目標は「プロ野球選手」

とはいえ、現時点では高卒即プロというのは厳しいと思われます。

大学からプロを目指す可能性が高いでしょう。

 

昨年甲子園に出場した星稜高校野球部レギュラーメンバーの進路先を見てみると

●近畿大学

●専修大学

●国士舘大

●中京大

とありました。

このほかには、金沢星稜大学亜細亜大学同志社大学に進んだ学生もいました。

東海林選手が大学を選ぶとしたら、一体どの大学を選択するのか気になります。
 

スポンサーリンク



 

劇的満塁ホームラン&甲子園でのプレー映像

こちらが、星稜高校が甲子園出場をほぼ決定づけたシーンです。
 


 
この場面について東海林選手は

「自分で決めるしかないと思っていた」

と語っていました。

辛口で知られている張本勲さんも「あっぱれ!」と言ってくれるのではないでしょうか。

今年の甲子園では毎試合安打を放っています。

昨年は守備でファインプレーを披露しました。

今後もチームを勢いづける活躍に期待がかかります。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

スポンサーリンク



Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です