木村航大(仙台育英)の中学や進路は?中学時代は3年連続全国大会出場!

Pocket

今夏の仙台育英高校には力のある1年生が複数います。そのうちの1人が正捕手を務める木村航大くんです。一体どのような選手なのでしょうか。今回は、木村航大くんの出身中学や中学時代のおもしろ映像、さらには進路の事やプロで似ているタイプの選手についてもお伝えします。

スポンサーリンク



木村航大(仙台育英)の中学&おもしろ動画

名前:きむらこうだい

生まれ:2003年

身長:170㎝

体重:70㎏

出身中学校:仙台育英学園秀光中学校

中学時代は仙台育英の系列校である秀光中学校に在籍していました。

1年時からレギュラーとなり、3年間とも全国大会に出場しました。

1年時と2年時は全国大会ベスト4で、3年時は準優勝という結果でした。

 

中学時代には学校でこんな動画を撮影しました。

実際は、もっとチョコレートをもらっていると思います。

 

中学時代から実績バリバリだった木村選手

高校入学後も1年春からベンチ入りを果たしました。

背番号はどんどんレギュラー番号に近づいており

春季大会:20

夏の地区予選:12

夏の甲子園:2

早くもレギュラー番号を獲得しました。

今夏は予選の全試合に出場し

10打数3安打(打率.300)

という成績でした。

 

甲子園初戦はスタメンで出場し、4打数3安打と活躍しました。

2回戦・3回戦は途中出場し、好リードで相手の反撃を食い止めました。

準々決勝以降も自慢のリードとスローイングでチームを引っ張ってもらいたいです。

スポンサーリンク



進路はプロなのか?

木村航大選手は、高校卒業後どのような進路を選択するのでしょうか。

まだ名言はしていませんが「プロ」を意識しているでしょう。

身長はそれほど高くなくてもプロで活躍している捕手といえばこの人

身長170㎝の森友哉選手

プロ入り後はリード面が課題でしたが、徐々に改善されて今では正捕手の座を担っています。

2019年はバースデイホームランを放ちました。

森選手は打撃面が売りの選手ですが、守備面で評価が高いのがこの選手

千葉ロッテの田村龍弘選手です。

身長は174㎝で、木村選手とそれほど変わりません。

ロッテの前監督で捕手出身の伊東勤さんから高評価を受けてレギュラーに抜擢されました。

現在も正捕手として活躍しています。

木村航大選手は、将来的に田村選手のような捕手になる気がします。

今夏の甲子園でどれだけ活躍するのか、非常に楽しみです。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

スポンサーリンク



Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です