伊藤樹(仙台育英)の中学や進路は?決勝で圧巻の三者連続三振(動画アリ)

Pocket

仙台育英高校伊藤樹投手は、1年生ながら最速144キロを計測する本格派のピッチャーです。中学時代から名が知られており、高校に入学してからも評判通りの活躍を見せています。今回は、伊藤樹投手の出身中学や進路のこと、さらには予選決勝の圧巻の投球動画をお届けします。

スポンサーリンク



伊藤樹(仙台育英)の中学やプロフィール

名前:いとうたつき

生まれ:2003年

出身地:秋田

身長:175㎝

体重:72㎏

出身中学:仙台育英学園秀光中学校

小学6年生の時に楽天イーグルスのジュニアチームに選出されました。

当時のポジションはキャッチャーで、現在のチームメイトの笹倉投手とバッテリーを組んでいました。

中学時代は投手を務め、3年時には全国中学校軟式野球大会で準優勝という結果を残しました。

優勝したのは高知中学で、今夏高知高校でエースを務めた森木大智投手がいました。

スコアは1-2で、あと1歩のところで優勝を逃しました。

伊藤樹君は、この試合で先発投手を務めました。

 

高校入学後も活躍し、今夏はメンバー入りを果たしました。

今夏の成績は

●試合数:4

●投球回数:7回3分の1

●奪三振:9

●失点:0

投球回数がそれほど多くないとはいえ、無失点に抑えたのは素晴らしいです。

「甲子園でも無失点にこだわって投げる」と語った伊藤投手

甲子園でどれぐらい活躍するのか非常に楽しみです。

スポンサーリンク



 

進路はプロなのか

伊藤樹選手の進路ですが、「いつかプロ入りしたい」と考えているでしょう。

これほどの逸材を、プロが放っておくはずがありません。

1年夏から甲子園で活躍した右腕で苗字が「伊藤」と言えば、真っ先にこの選手が思い浮かびます。

帝京高校出身の伊藤拓郎投手です。

甲子園で147キロを計測し、衝撃を与えました。

プロ入り後はそれほど活躍できませんでしたが、現在は新日鐵住金鹿島で主力としてプレーしています。

伊藤樹投手も、伊藤拓郎選手のように、周囲の度肝を抜くピッチングを披露してもらいたいです。

 

予選決勝の圧巻のピッチング動画

宮城大会決勝戦で、東北高校相手に3回無失点の好投しチームを甲子園出場に導きました。

特に衝撃的だったのがコチラ

ストレートの威力も凄まじいですが、変化球の切れも抜群です。

世代ナンバーワン投手と呼び声高い高知高校の森木君のことは相当意識しているでしょう。

2人が再び投げ合う姿を、いずれは見てみたいです。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

スポンサーリンク



Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です