笹倉世凪の出身地や中学&進路は?小6時のソフトボール投げで驚異の記録(映像アリ)

Pocket

仙台育英高校笹倉世凪くんは、今大会注目の1年生の中で実力が抜きんでています。小学6年生の時にはソフトボール投げで素晴らしい記録を残しました。今回は、その時の映像や出身地や出身中学、さらには進路の情報などをお届けします。

スポンサーリンク



 

笹倉世凪の出身地や中学は?

名前:ささくらせな

生まれ:2003年

身長:176㎝

体重:76㎏

出身地:岩手県一関市

出身中学校:仙台育英学園秀光中学校

岩手出身の投手と言えば

●菊池雄星(岩手県盛岡市出身)

●大谷翔平(岩手県水沢市出身)

●佐々木朗希(岩手県陸前高田市出身)

このように、才能あふれるピッチャーがすぐに思い浮かびます。

これほど実力のある投手を生み出す岩手県に、何か秘密が隠されているのではと思ってしまいます。

 

笹倉投手は小学6年生の時に楽天イーグルスのジュニアチームに選出されました。

当時は、現在も同じチームの伊藤樹投手とバッテリーを組んでいたのです。

中学は仙台育英学園秀光中学校に進み、3年連続で全国大会に出場しました。

高校入学に際して「大阪桐蔭の西谷監督が獲得に動くのでは」という噂が立っていたほどの逸材です。

結局、内部進学する形で仙台育英を選びました。

中学2年生の時まで、現在高校の監督をしている須江航さんから指導を受けていたことも、仙台育英に決めた理由の1つだと思います。

 

高校入学後は興南高校や横浜高校といった強豪校との練習試合に登板する機会が多くありました。

そのとき

「直球をカットされて甘い球を狙われる」

と、高校生のレベルの高さを痛感していました。

ですが、笹倉投手自身もピッチングを磨き上げ、夏の大会には背番号11でベンチに入り

●登板数:3

●投球回:10回3分の1

●奪三振:9

●失点;1

このように、1年生とは思えないピッチングを披露しました。

投手としてだけでなく野手として出場することもあり、バッティングの成績は

●6打数2安打4打点(打席数9)

でした。

 

「甲子園では持っている力を全て出し切る」と語った笹倉投手

甲子園初戦の成績は

●投手:3イニングを投げて1失点

●打者:5打数2安打

と上々の滑り出しとなりました。

2回戦以降も投打にわたって活躍しており、3回戦ではピンチの場面で登板して相手の主軸を見事に打ち取りました。


 

卒業後の進路は?

高校卒業後にどのような進路を選択するのかについて、今から注目が集まっています。

メジャーリーグのスカウトがすでに目をつけているという情報もあります。

とはいえ、これまでの菊池選手や大谷選手、さらには今夏世間を騒がせた佐々木選手のケースを踏まえると

●まずは日本のプロ球団に入り、その後メジャーを目指す

ということになるでしょう。

もし日本ハムに入団すれば「二刀流に挑戦されるのでは」と話題になりそうな気がします。

将来的にどのような選手になっていくのか、非常に楽しみです。

スポンサーリンク



 

小6時のソフトボール投げ映像

笹倉世凪くんは、小学6年生の時のソフトボール投げで77メートルという驚異的な記録を叩き出しました。

こちらが、その時の映像です。

小学6年生男子の平均が30メートルで、50メートルを超えると怪物レベルと言われますが、笹倉君はさらにその上をいきます。

(ちなみに、大阪桐蔭高校から中日に進んだ根尾選手は、88メートルという記録を残しました。)

小学生の時からすでに相当のインパクトを残していた笹倉君

高校時には、これまで以上に野球ファンに衝撃を与える活躍をしてもらいたいです。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

スポンサーリンク



Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です