井上朋也(花咲徳栄)の中学や進路は?予選で驚異のレーザービームを披露!

Pocket

花咲徳栄高校井上朋也選手は、1年生の頃からレギュラーとして試合に出場している選手で、今年は4番を担っています。今年は打撃面だけでなく、守備でもチームに貢献しています。今回は、井上朋也選手の中学や進路の頃、さらには昨年甲子園で放った逆転タイムリーやレーザービームの映像をお届けします。

スポンサーリンク



 

井上朋也(花咲徳栄)の中学やプロフィール

名前:いのうえともや

生まれ:2002年

身長:180㎝

体重:80㎏

出身地:大阪府

出身中学:四条畷中学校

出身チーム:生駒ボーイズ

井上朋也選手が野球を始めたのは小学2年生の冬

きっかけは、通っていた小学校のグラウンドで活動しているチーム(畷ファイターズ)の姿を目にしたことです。

小学生の頃はキャッチャーを務め、時々ピッチャーやショートを務めました。

中学時代(生駒ボーイズ)から外野手としてプレーし、中学3年時にはジャイアンツカップベスト16になりました。

生駒ボーイズのOBの進路を見てみると、

●慶応義塾高校

●八戸学院光星高校

●明秀日立高校

●健大高崎高校

●履正社高校

●天理高校

など、野球強豪校に進んでいる生徒が多くいます。

 

花咲徳栄に入学した当初は

「1番から9番バッターまで全員が打つので、ビックリした」

「ついて行くのに必死だった」

と語っていました。

1年春の大会からレギュラーに抜擢され、結果を残してきました。

夏の大会前の練習時代では、横浜高校の及川君からホームランを放ちました。

甲子園では逆転タイムリーを放ち「救世主」となりました。

ですが、次戦の横浜戦ではボール球に手を出して三振してしまい、最後の打者となってしまいました。

試合直後に

「もっと練習しておけばよかった」

と語った井上選手

秋以降はボールの見極めの精度を高めるためにバッティングフォームの改造に着手しました。

全体練習が終わった後も3時間程度打ち込んで、フォームを固めていきました。

 

2019年夏の県大会では

●打率:.433(30打数13安打)

●二塁打:3

●三塁打:0

●本塁打:1

●打点:16

7試合を戦って打点16はすさまじいです。

高校通算で31本のホームランを放っており、監督からは「宇宙人」だと呼ばれています。

甲子園ではどれだけ活躍するのか、楽しみな選手です。

スポンサーリンク



 

進路はプロなのか?

井上朋也選手は、高校卒業後はどのような進路を選択するのでしょうか?

まだ2年生という事もあり、はっきりとプロ入りを表明しているわけではありませんが、意識はしているでしょう。

最近は花咲徳栄高校から直接プロ入りする選手も多く

●愛斗(西武:2015年ドラフト4位)

●高橋昂也(広島:2016年ドラフト2位)

●岡崎大輔(オリックス:2016年ドラフト2位)

●西川愛也(西武:2017年ドラフト2位)

●清水達也(中日:2017年ドラフト4位)

●野村佑希(日本ハム:2018年ドラフト2位)

このように、昨年まで4年連続で「高卒プロ入り」の選手を輩出しています。

井上選手がドラフトにかかるとすれば、どの球団が何位で指名するのでしょうか。

上位指名されるぐらいまで、実力を高めてもらいたいです。

 

県大会でレーザービームを披露

県大会の準決勝(春日部共栄戦)は「事実上の決勝戦」と言われ白熱した展開になりました。

この試合で、井上朋也選手は守備で大活躍しました。

ホームへの送球は、こちらの方が見やすいです。

この肩の強さは、高校生離れしています。

甲子園ではバッティング面はもちろん、強肩を披露して守備でも活躍する姿を見てみたいです。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

スポンサーリンク



Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です