明石商業野球部メンバー 出身中学や大会成績(2020年)新たな注目選手を発見!

Pocket

最近では甲子園の常連校ともいえる明石商業は、2020年センバツ出場が有力視されています。夏からメンバーが大幅に入れ替わっていますが、新たに活躍が期待される選手は誰なのでしょうか。今回は、明石商業野球部メンバーの出身中学や注目選手、大会成績などをお届けします。

スポンサーリンク



 

明石商業野球部メンバー2020年の出身中学

2019年秋季大会メンバー

1:中森 俊介(2年)・兵庫 篠山東中学

2:中野 憂翔(2年)・兵庫 生野中学

3:植本 拓哉(2年)・兵庫 広陵中学

4:宮城 光伸(2年)

5:富士川 宗汰(2年)・兵庫 御津中

6:井上 隼人(2年)

7:河野 佑哉(2年)・兵庫 五色中学

8:来田 涼斗(2年)・神戸長坂中学

9:福井 雄太(2年)・兵庫 加古川中部中学

10:西村 元輝(1年)

11:井崎 太玖翔(2年)

12:川上 桂慎(2年)・兵庫 大久保中学

13:名村 康太郎(2年)・兵庫 揖保川中学

14:嶋谷 蒼(2年)・兵庫 大的中学

15:根木 郁光(2年)・兵庫 野々池中学

16:松下 裕人(2年)・兵庫 加古川中部中学

17:福本 綺羅(1年)

18:金沢 良(1年)

19:西田 陸人(1年)

20:山田 瑛史(2年)

大会ごとにメンバーがドンドン入れ替わる明石商業ですから、センバツメンバーは3~5人ぐらいは入れ替わっているでしょう。

注目選手情報

●来田涼斗

バックスクリーンに1発を放つのは流石ですが、技巧派の左投手から逆方向に大きな当たりを放てるあたりにもセンスを感じさせます。

狭間監督からは「ピッチャーがボールを話してからインパクトまでの0.23秒の間がとれていない」と言われていますが、それを克服すれば、一体どれほど怖ろしいバッターになっているのでしょうか。

2年春・夏と甲子園で1発を放っており、3期連続ホームランに期待がかかります。

 

●中森俊介

ピッチングが素晴らしいのは言うまでもありませんが、意外とバッティングセンスも高いのです。

2019年夏の甲子園準決勝の履正社戦は、序盤に点を取られたものの、そこから大崩れすることなく試合を作るピッチングを披露してくれました。

さすが、経験値の高いピッチャーです。

いよいよ最終学園を迎えますが、力で押すピッチングも見てみたいです。

 

●福本綺羅

1年生ながら近畿大会では2試合とも4番に座り、6打数4安打と活躍した選手です。

綺羅と書いて「ひかる」と読むのですが、このような名前は初めて見ました。

今後の活躍が非常に楽しみです。

スポンサーリンク



明石商業の大会成績

【2019年秋季大会(近畿大会)】

●1回戦:明石商業8-3東山

●準々決勝:明石商業3-4大阪桐蔭

大阪桐蔭戦では、序盤に3点を先制しながら逆転される展開となりました。

狭間監督は試合後

「冬にしっかり鍛えて、びくともしないチームを作り上げたい」

と語っていました。

前チームからメンバーが大幅に変わり、経験値が少ないメンバーが多い分、甲子園ベスト4の壁を破るには2枚看板の来田・中森の活躍はもちろん、新戦力の台頭が不可欠です。

今後、どんな選手がメキメキと実力を伸ばしていくのか、非常に楽しみです。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

スポンサーリンク



Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です