星稜高校野球部メンバーの出身中学(2020年版)新戦力にも注目選手がいた!

Pocket

石川県の星稜高校は、2020年も甲子園に出場するだけでなく上位進出が期待できるチームです。新たな新戦力も台頭してきており、その選手たちの活躍も非常に楽しみです。今回は、星稜高校野球部メンバーの出身中学や2020年の注目選手情報をお届けします。

スポンサーリンク



 

星稜高校野球部メンバーの出身中学

1:荻原吟哉(2年生) 星稜中学

2:内山壮真(2年生) 星稜中学

3:今井秀輔(2年生) 金沢リトルシニア

4:高木宏望(2年生) 星稜中学 

5:知田爽汰(2年生) 星稜中学

6:出村夢太(1年生) 星稜中学

7:中田達也(1年生) 加賀ボーイズ

8:吉田竣希(1年生) 小松ボーイズ

9:花牟禮優(2年生) 泉州ボーイズ

10:寺西成騎(2年生) 能美市立根上中学

11:野口練(1年生)  福井永平寺リトルシニア

12:街道陸(2年生)  小松加賀リトルシニア

13:倉知由幸(2年生) 津幡町立津幡南中

14:林大陸(2年生)  星稜中学

15:田岡宏基(2年生) 藤井寺リトルシニア

16:笠井昂己(2年生)

17:松本笙(2年生)  星稜中学

18:中谷大翔(1年生) 金沢リトルシニア

やはり、星稜中学出身の選手が多くいます。

昨年のメンバーには関西のチーム出身の選手はいませんでしたが、今回は2人含まれています。

最近は「甲子園に出るのが当たり前」という空気になっていますから、今後ますますレギュラー争いが過熱するでしょう。

スポンサーリンク



 

大会成績

【2019年秋季北信越大会】

●1回戦:星稜5-3高岡第一

●準々決勝:星稜10-2敦賀

●準決勝:星稜10-3佐久長聖

●決勝:星稜19-1日本航空石川

【明治神宮大会】

●1回戦:星稜5-8明徳義塾

北信越大会は、星稜の強さを改めて痛感する大会となりました。

この時点で星稜は「石川&北信越大会」の連勝記録を46にまで伸ばし、5期連続甲子園出場を確実のものとしています。

今年のチームも実力のある選手が揃っており、星稜を倒すのは至難の業です。

北信越の高校の中で、一体どのチームが倒すのかも気になるところです。

 

2020年の注目選手情報

●内山壮真

1年夏からレギュラーを張っており、高卒プロ入りも狙える選手

2年夏まではショートでしたが、新チームになってからキャッチャーに転向しました。

中学時代はキャッチャーを務めており、以前から「ショートよりもキャッチャーをやりたい」と語っていたため、本人の希望を林監督が受け入れたのでしょう。

バッティングも高校生離れしており、2019年秋の北信越大会決勝では満塁ホームランを放ちました。

今後の活躍から目が離せません。

●花牟禮優

読み方は「はなむれ」です。

昨夏まではメンバー外でしたが、北信越大会では主に1番を任され、大活躍しました。

変化球に崩されないための練習を重ねた結果が、北信越大会の活躍につながりました。

そういえば、前チームの星稜の1番バッターの名前は「東海林(しょうじ)」選手であり、珍しい名前の選手でした。

東海林選手以上の活躍をしてもらいたいです。

●寺西成騎

素材は一級品と評されながら、なかなか活躍できない時期が続いていましたが、秋に一皮むけました。

北信越大会決勝では先発を任され、8回1失点と好投

チームの優勝に貢献しました。

寺西君が有名になったきっかけは、この番組

松井秀喜さんと同じ中学で「松井を超える逸材」として紹介されていました。

このとき以上に衝撃を与える活躍をして、荻原選手からエースを奪い取る姿を見てみたいです。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

スポンサーリンク



Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です