履正社野球部メンバーの出身中学(2020年)小深田の守備に渡辺監督がうなる!

Pocket

履正社高校野球部が、2020年春の甲子園出場をほぼ手中に収めています。昨夏は甲子園で優勝しており、岡田監督の「大阪は大阪桐蔭だけではないということを分かってもらえたのでは」というコメントが印象に残っています。ライバル意識は相当強いはずです。今回は、履正社高校野球部の2020年のメンバーの出身中学や大会成績、さらには注目選手のプレー動画をお届けします。

スポンサーリンク



 

履正社高校野球部メンバー出身中学2020

1:岩崎 竣典(2年生)  大阪 大宮中学

2:関本 勇輔(2年生)  兵庫 苦楽園中学

3:島野 圭太(2年生)  大阪 堀江中学

4:池田 凛(2年生)   大阪 英田中学

5:小深田 大地(2年生) 兵庫 飾磨中部中学

6:中原 雄也(2年生)  大阪 久宝寺中学

7:両井 大貴(2年生)  大阪 泉ヶ丘東中学

8:田上 奏大(2年生)  大阪 住之江中学

9:大西 蓮(2年生)   兵庫 両荘中学

10:内 星龍(2年生)  大阪 南千里中学

11:衣笠 遼(2年生)   兵庫 御影中学

12:松田 遼太(2年生)  兵庫 氷丘中学

13:島 千輝(2年生)  京都 広野中学

14:弓埜 祥太(2年生)  大阪 玉出中学

15:中島 颯人(2年生)  兵庫 本多聞中学

16:田浦 和真(2年生)  兵庫 大社中学

17:辰巳 颯(2年生)  奈良 畝傍中学

18:渡邊 純太(1年生)

19:中田 陽志(2年生)  兵庫 松崎中学

20:真鍋 剛志(2年生)  大阪 東陽中学

このメンバーの中で、昨夏の甲子園メンバーだったのが

●岩崎竣典(背番号17)

●関本勇輔(背番号12)

●池田凛(背番号4)

●小深田大地(背番号5)

●中原雄也(背番号14)

●田上奏大(背番号15)

●大西蓮(背番号18)

※背番号は昨年夏のもの

このように、7人もメンバーに加わっていたのです。

2020年のメンバーは上級生が中心となっていますが、毎年有望な新戦力が台頭し、1年生であっても公式戦で起用する文化がある履正社ですから、ベンチ入りしている選手も油断はしていないはずです。

スポンサーリンク



 

大会成績

【2019年秋季近畿大会】

●1回戦:履正社13-4綾羽

●準々決勝:履正社10-3京都翔英

●準決勝:履正社4-5天理

天理との一戦は惜しくも敗れてしまいましたが、大阪大会では8試合で99得点、近畿大会では3試合で27得点を記録しており、持ち前の打力を発揮する展開となりました。

2019年夏は全国制覇を果たし、新チームの始動が最も遅かった中で、この結果はさすがです。

 

春、夏と勝ち上がっていくために必須となるのが、2番手以降の投手の育成

近畿大会では、背番号11の衣笠投手と背番号17の辰己投手が登板しています。

辰己投手は天理戦で先発し、6回まで無失点に抑えるものの、終盤に崩れて逆転サヨナラ負けを喫してしまいました。

ひと冬越えて2人がどれだけ成長しているかが、履正社が浮上するためのカギと言えます。

 

注目選手情報

● 関本勇輔

新チームから主将を任されている関本選手

2019年の秋季大会決勝(大阪桐蔭戦)で9回裏に同点3ランを放ったのは圧巻でした。

近畿大会決勝の相手である天理は、父である元阪神の関本賢太郎さんの母校です。

関本選手からしてみれば、天理には絶対に勝ちたかったはずです。

次に天理と当たる機会があれば、その時はきっちりリベンジしてもらいたいです。

 

●小深田大地

1年夏からレギュラーを張っており、豪快なフルスイングが持ち味の選手です。

2019年夏の甲子園決勝では奥川投手相手に臆することなくフルスイングをして、解説者をうならせました。

バッティングだけでなく、守備も相当うまくて元横浜高校の渡辺監督も「すごいプレー」と絶賛!

打球判断のレベルは、高校生トップクラスです。

兄の小深田大翔選手が2019年のドラフトで楽天から1位指名を受けました。

兄に続いてドラフト指名となるか、注目です。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

スポンサーリンク



Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です