大阪桐蔭野球部メンバーの出身中学は?2020年は注目野手が目白押し!

Pocket

大阪桐蔭高校野球部は、2年ぶりの甲子園出場をほぼ確定させています。2度続けて出場を逃しただけで「最近出ていない」と世間から思われるのは、このチームぐらいです。今回は、大阪桐蔭高校野球部メンバーの出身中学や大会成績、さらに注目選手の映像などをお届けします。

スポンサーリンク



大阪桐蔭野球部メンバーの出身中学(2020年)

1:藤江星河(2年生) 長崎・諫早中学校

2:坂玲哉(1年生)  滋賀・水口中学校

3:船曵烈士(2年生) 兵庫・龍野西中学校

4:加藤巧也(2年生) 岡山・京山中学校

5:西野力矢(2年生) 和歌山・粉河中学校

6:伊東光亮(2年生) 広島・五日市南中学校

7:上野海斗(2年生) ※熊本北リトルシニア

8:池田陵真(1年生) 大阪・和泉中学校

9:仲三河優太(2年生)栃木・大平中学校

10:前田健伸(2年生) 山口:末武中学校

11:申原理来(2年生) 兵庫・西代中学校

12:清水大晟(2年生) 三重・青山中学校

13:柳野友哉(2年生) ※神戸中央シニア

14:藪井駿之裕(2年生)大阪・摂津第五中学校

15:松浦慶斗(1年生)  北海道・旭川明星中学校

16:竹中勇登(1年生)  岡山・金光中学校

17:関戸康介(1年生)  高知・明徳義塾中学校

18:浅野駿(2年生)  ※大阪福島リトルシニア

19:増田和希(2年生) ※松原ボーイズ

20:古藤遥人(2年生) ※京都嵐山ボーイズ

※出身中学が不明な場合は、所属チームを表記

出身中学(チーム)の内訳を見てみると

関西:11名

中国・四国地方:5名

九州地方:2名

関東地方:1名

北海道:1名

このように、全国から有望な選手が集まっていることが分かります。

 

北海道出身の選手もいることに、驚きました。

北海道出身の選手で大阪桐蔭のメンバーに加わったのは、最強世代(2018年)の一員である奥田一聖君以来です。

西谷監督は「沖縄には行ったことがない」と言っていましたが、全国津々浦々からメンバーが集まるわけですから、いずれ沖縄出身の選手がメンバー入りするのも、そう遠くないような気がします。

スポンサーリンク



 

大会成績

【2019年秋季近畿大会】

●1回戦:大阪桐蔭19-1立命館守山

●準々決勝:大阪桐蔭4-3明石商業

●準決勝:大阪桐蔭6-5智弁学園

●決勝:大阪桐蔭4-12天理

大阪大会は7試合中6試合でコールド勝ちを収め、決勝では履正社相手に1度は同点に追いつかれるも延長戦で突き放し優勝!

その粘りが、近畿大会の準々決勝、準決勝でも発揮されました。

特に、甲子園出場を当確させるにあたった重要な一戦となった準々決勝で明石商業を破ったことは、チームにとって自信になったに違いありません。

課題の投手陣をどこまで整備することができるのか、注目です。

 

2020年の注目選手情報

●西野力矢

昨年から主力として出場しているのがこの選手

近畿大会準々決勝では中森君から逆方向へ1発を放ち、チームを勢いづけました。

決勝戦では、詰まりながらもスタンドまで運びました。

将来は、中田翔のような選手になる予感がします。

 

●仲三河優太

もともと投手としてプレーしていましたが、故障もあって野手に転向しました。

現在は「4番・ライト」で出場する機会が多い仲三河選手

秋季大阪大会決勝(履正社戦)では、5打数4安打5打点(1本塁打)の大活躍

故障があったとはいえ、野手としての適性を見出した西谷監督の眼力は、やはり凄まじいです。

甲子園でもパワフルなバッティングを披露してもらいたいです。

 

●池田陵真

1年生ながら「1番・センター」で活躍している池田選手

身長170㎝・体重72キロと野球選手としては小柄ながら、力強い打球を放ちます。

中学時代はU-15の日本代表に選出されており、その時のチームメイトが

「バッティングが一番すごかったのは池田」

と口をそろえていたのです。

大阪桐蔭の「小柄な強打者」といえば、埼玉西武ライオンズの森友哉

西谷監督が「森と同レベルかそれ以上」と言うぐらい進化すれば、プロ入りが見えてくるでしょう。

 

注目野手がズラリと揃った2020年の大阪桐蔭

彼らの活躍から、目が離せません。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

スポンサーリンク



Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です