東海大相模野球部メンバーの出身中学(2020年版)プロ注目の3選手がエグすぎる!(動画アリ)

Pocket

東海大相模高校の野球部メンバーを顔ぶれを見てみると、ほとんどの選手は中学時代は有名なチームに所属していたのですが、中には軟式野球部出身の選手がいたので驚きました。今回は、野球部メンバーの出身中学やチーム、さらには注目選手の映像などをお届けします。

スポンサーリンク



 

東海大相模高校野球部メンバーの出身中学

1:諸隈 惟大(2年生)  千葉 二宮中学(佐倉シニア)

2:神里 陸 (2年生)  沖縄 南星中学(軟式野球部)

3:山村 崇嘉(2年生)  神奈川 東海大相模中学(武蔵府中シニア)

4:加藤 響(2年生)   神奈川 厚木中学(海老名シニア)

5:吉沢 悠佑(2年生)  東京 府中第五中学(調布シニア)

6:大塚 瑠晏(1年生)  栃木 栃木南中学(小山ボーイズ)

7:西川 僚祐(2年生)  千葉 古和釜中学(佐倉シニア)

8:鵜沼 魁斗(2年生)  千葉 生浜中学(千葉西シニア)

9:松本 陵雅(2年生)  神奈川 秦野西中学(秦野シニア)

10:石田 隼都(1年生)  栃木 真岡中学(真岡ボーイズ)

11:金城 龍輝(1年生)  神奈川 荏田南中学(横浜緑ボーイズ)

12:半場 陸(1年生)   福岡 板櫃中学(北九州若松アンビシャス)

13:笠川 洋介(2年生)  愛知 東陵中学(東山クラブ)

14:小島 大河(1年生)  神奈川 山王中学(相模ボーイズ)

15:綛田 小瑛(1年生)  和歌山 下津第一中学(和歌山シニア)

16:茂谷 光(2年生)   神奈川 中野島中学(川崎中央シニア)

17:仙庭 涼一郎(1年生) 神奈川 西浜中学(湘南ボーイズ)

18:高橋 綾人(2年生)  神奈川 湘光中学(秦野シニア)

このメンバーの中で、2019年夏の甲子園に出場していたのが

●諸隈 惟大

●山村 崇嘉

●加藤 響

●西川 僚祐

●鵜沼 魁斗

●松本 陵雅

このうち、山村、西川、鵜沼、松本はスタメンで出場していました。

2019年夏に主将を務めた遠藤成選手はドラフトで阪神に指名されたわけですが、「2年連続野手の高卒ドラフト指名」の可能性が高いチームです。

スポンサーリンク



 

大会成績

【2019年秋の関東大会】

●1回戦:東海大相模14-2駿台甲府

●準々決勝:東海大相模12-6習志野

●準決勝:東海大相模2-8桐生第一

1回戦、準々決勝ともに自慢の打撃陣が爆発する展開となり、準々決勝は全て2アウトから得点を奪うという粘りを見せました。

準決勝で打ちあぐねた桐生第一のエース下慎之介投手は、技巧派左腕のです。

そういえば、2019年夏の甲子園の初戦(近江高校)でも打ちあぐねており、当時のエースだった林優樹投手も技巧派左腕でした。

(桐生第一戦も近江戦も、ヒットは6本でした)

 

最近の東海大相模の攻撃陣を見てみると、技巧派相手にブンブン振り回して相手の術中にはまってしまっているように見えます。

この点を攻略できれば、甲子園優勝を十分狙えます。

ひと冬越えてどれだけ進化しているのか、非常に楽しみです。

 

2020年の注目選手

注目選手と言えば、2019年夏も主軸を担ったあの3人です。

1人ずつ順番に紹介していきます。

 

鵜沼 魁斗

2019年のU-18日本代表に選ばれた選手です。

正直、選ばれたのは意外でしたが、それだけ周囲からの評価が高いのでしょう。

2019年夏の神奈川大会では「アグレッシブベースボールの象徴」と言えるぐらいの活躍を披露しました。

2020年も、攻守にわたる活躍に期待しましょう。

●山村 崇嘉

東海大相模の左の長距離ヒッターの山村選手

2019年夏の神奈川大会では横浜スタジアムのライトスタンド上段にホームランを放ちました。

ボールの行方が見やすい映像はこちらになります。

「鳩サブレーの看板」に注目です。

飛距離を見ると「冗談でしょ!」と言いたくなります。

甲子園では8打数1安打と悔しい結果に終わってしまいましたが、2020年は甲子園でホームランをかっ飛ばしてもらいたいです。

 

●西川 僚祐

東海大相模の歴代選手の中で実力ナンバーワンとも呼び声が高いのが、西川選手

一時期は不調で下位打線を担うこともありましたが、新チームからは4番に座り、

秋季神奈川大会:22打数12安打3本塁打

秋季関東大会:12打数6安打1本塁打

と活躍しました。

関東開会初戦の駿台甲府戦では、強烈なセンター返しの打球のスピードガンが反応!

そのスピードは何と「166キロ」

記者席からは「金属バットで撃たせるのは反則」という声が漏れていたのです。

中学時代から「怪物」として取り上げられていましたが、2020年は新たな怪物伝説を残してほしいです。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

スポンサーリンク



Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です