仙台育英野球部メンバーの出身中学(2020年版)上級生にも注目選手がいた!

Pocket

仙台育英高校野球部は近年甲子園に頻繁に出場しており、全国制覇を成し遂げる日もそう遠くはなさそうです。下級生がスポットライトを浴びる機会が多い仙台育英ですが、上級生にも注目してもらいたい選手がいるのです。今回は、2020年の野球部メンバーの出身中学や大会成績、さらには上級生の注目選手情報をお伝えします。

スポンサーリンク



仙台育英高校野球部メンバーの出身中学

1:笹倉 世凪(1年生)   宮城 秀光中学校(軟式野球部)

2:木村 航大(1年生)   宮城 秀光中学校(軟式野球部)

3:秋山 俊(1年生)    北海道 登別緑陽中学校(登別ビックフラップオーシャン)

4:渡邉 旭(1年生)    福島 平第二中学校(いわきボーイズ)

5:田中 祥都(2年生)   兵庫 松陽中学校(調査中)

6:入江 大樹(2年生)   大阪 福泉中学校(堺中央ボーイズ)

7:宮本 拓実(2年生)   宮城 秀光中学校(軟式野球部)

8:向坂 優太郎(2年生)  宮城 村田第二中学校(宮城臨空シニア)

9:吉野 蓮(1年生)    宮城 東向陽台中学校(宮城北部シニア)

10:伊藤 樹(1年生)    宮城 秀光中学校(軟式野球部)

11:菅原 天斗(2年生)   宮城 中野中学校(仙台宮城野シニア)

12:小野寺 真輝(2年生)  山形 酒田第二中学校(軟式野球部)

13:金子 紫温(2年生)   神奈川 (寒川シニア)

14:石川 汰一(2年生)   宮城 将監中学校(東北福祉仙台北シニア)

15:村上 健太(2年生)   山形 山形第九中学校(東北楽天シニア)

16:平松 秀児(2年生)   宮城 秀光中学校(軟式野球部)

17:佐々木 涼(2年生)   宮城 仙台第二中学校(宮城臨空シニア)

18:杉山 歩海(2年生)   宮城 秀光中学校(軟式野球部)

19:松本 京太郎(2年生)  埼玉 長瀞中学校(深谷彩北シニア)

20:亀田 頼風(2年生)   千葉 銚子第三中学校(大野シニア)

出身中学の内訳を見てみると

●宮城県:11人

●宮城県を除く東北地方:3人

●北海道:1人

●関東地方:3人

●関西地方:2人

付属中学があるため宮城県出身の選手が多いですが、その中で関東や関西からも選手が集まっているという事は「仙台育英に入りたい」と思っている選手が増えているからだと思います。

仙台育英と言えば1年夏から活躍できる文化があり、年功序列でない部分に魅力を感じて入ってくる選手も多いはずです。

 

大会成績

【2019年秋季東北大会】

●1回戦:仙台育英9-8明桜

●準々決勝:仙台育英6-1一関学院

●準決勝:仙台育英9-2盛岡大付

●決勝:仙台育英11-8鶴岡東

3年ぶり10度目の東北大会制覇を果たしたものの、1回戦は23安打を放つも13残塁を記録してしまい、リリーフでエースの笹倉投手が3イニングで7四球を与えるなど、負けてもおかしくない展開でした。

ですが、その状態から立て直し、準々決と準決勝は危なげない試合運びとなり、決勝戦では1度は逆転を許すものの、そこから再逆転する粘りを見せました。

 

【2019年明治神宮大会】

●2回戦(初戦):仙台育英5-8天理

明治神宮大会では打ち合いの末、敗れてしまいました。

勝敗を分けたのは、同点で迎えた7回表の天理の攻撃で2アウト満塁

バッターは1年生の瀬千皓くん

このとき、仙台育英の外野手は極端なシフトを敷いていたのです。

そのことでコースを絞りやすくなった瀬くんはライトオーバーのタイムリー3ベースを放ち、試合を決めたのです。

(シフトについてなんか言っている人がいますね)

須江監督は

「ワンプレーの重みを学べて、良い経験になった」

と語っていました。

ひと冬越えて、チームがどれだけ強くなっているのか楽しみです。

スポンサーリンク



 

注目選手情報(上級生編)

2020年の仙台育英の注目選手を見てみると、下級生が取り上げられることが多いですので、今回は上級生で注目してもらいたい選手をお伝えします。

 

●入江大樹

旧チームでは「3番・ショート」と務めており、長きにわたって主力として活躍しているのが入江選手

新チームでは4番を務めており、ドラフト候補に名前が挙がるほどの選手なのです。

明治神宮大会では、どでかい一発を放ちました。

(打った瞬間ホームランを確信していた時の映像)※先ほどと同じシーン

「2020年の仙台育英は下級生だけのチームではないんだ」というところを見せつけてもらいたいです。

●向坂(むかいざか)優太郎

2019年夏はベンチにすら入っていなかったものの、秋は投打にわたって活躍し、東北大会王者の立役者となりました。

秋季大会の成績は

●投手として20回3分の1を投げて4失点

●打者としては13打数6安打

監督からは「自分の中で背番号1は向坂」と評価され、明治神宮大会では背番号1を付けました。

勝てば甲子園出場ほぼ確実となる準決勝で先発を任されており、それだけ監督から信頼を得ていることが伝わってきます。

下級生だけでなく、上級生の活躍も見逃せません。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

スポンサーリンク



Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です