智弁学園野球部メンバーの出身中学(2020年)下級生に注目選手が目白押し!

Pocket

智弁学園高校が2019年秋の近畿大会でベスト4となり、2020年のセンバツ出場は間違いなさそうです。今年のチームには1年生の注目選手が数多く揃っています。今回は、野球部メンバーの出身中学や大会成績、注目選手の映像などをお届けします。

スポンサーリンク



智弁学園野球部メンバーの出身中学

1:西村王雅(1年生)   京都 東宇治中(京都リトルシニア)

2:田上拓磨(2年生)   調査中(和歌山リトルシニア)

3:前川右京(1年生)   三重 津一身田中(津ボーイズ)

4:浦谷直弥(2年生)   奈良 橿原八木中(橿原磯城リトルシニア)

5:山下陽輔(1年生)   調査中(奈良西リトルシニア)

6:三田智也(2年生)   群馬 渋川北橘中(前橋桜ボーイズ)

7:今崎圭泰(2年生)   調査中(神戸中央リトルシニア)

8:山﨑空雅(2年生)   兵庫 神戸須佐野中(神戸中央リトルシニア)

9:白石陸(2年生)    広島 呉横路中(府中広島2000)

10:小畠一心(1年生)    大阪 堺長尾中(オール住之江)

11:荒川翔太(2年生)    滋賀 豊郷豊日中(滋賀ユナイテッドジェイボーイズ)

12:佐藤尊将(2年生)    兵庫 神戸湊川中(神戸中央リトルシニア)

13:岡島光星(1年生)    調査中(生駒ボーイズ)

14:植垣洸(1年生)   調査中(橿原ボーイズ)

15:垪和拓海(1年生)    調査中(神戸中央リトルシニア)

16:大橋誠斗(2年生)  調査中(奈良西リトルシニア)

17:浅野皓星(1年生)  調査中(滋賀栗東ボーイズ)

18:岡田皓一朗(2年生) 調査中(大阪生野リトルシニア)

19:錦織拓馬(2年生)  調査中(生駒中央ボーイズ)

20:日野航(2年生)    調査中

このメンバーの中で、

前川右京・山﨑空雅・白石陸・小畠一心・佐藤尊将

この5選手は2019年夏の甲子園でスタメン出場しています。

また、

浦谷直弥・三田智也・西村王雅

この3選手は途中出場を果たしました。

つまり、甲子園出場経験があるのが8人もいるのです。

 

2019年夏の甲子園で先発投手を務めたのが小畠君で、秋の背番号1は西村君がつけました。

そして、昨夏の正捕手は佐藤君で背番号は2だったのですが、秋は12をつけていました。

今後、エース争いと正捕手争いは過熱しそうな予感がします。

スポンサーリンク



 

大会成績

【2019年秋の近畿大会】

●1回戦:智弁学園4-2神戸国際大附

●準々決勝:智弁学園17-13智辯和歌山

●準決勝:智弁学園5-6大阪桐蔭

圧巻だったのが「勝てば甲子園当確ランプ」が灯る準々決勝

両軍合わせて30安打30得点と壮絶な打ち合いの末、智弁対決を制しました。

実は、この2校は2002年に甲子園で対戦しているのです。

その時の模様はコチラ

たしかに、ややこしいですね。

とはいえ、この2校が再び甲子園で対戦するのを見てみたいです。

 

2020年の注目選手

●前川右京

すでに「注目選手」として取り上げられている前川君

1年夏から4番を務め、甲子園では痛烈なタイムリーを放ちました。

秋はどのような結果を残すのか気になっていたのですが、近畿大会1回戦で2打席連続ホームランを放ち「さすが4番」と言える活躍を見せました。

次は甲子園でのホームランに期待がかかります。

 

●山下陽輔

中学時代は日本代表に選ばれ、入学前から注目を浴びていた山下選手

1年夏はメンバーから外れたものの、パワフルなバッティングを武器に秋からレギュラーを掴みました。

智辯和歌山戦で放った1発は、まさに豪快そのもの

甲子園でも、持ち前のパワーを発揮してもらいたいです。

 

●西村王雅

秋はチームのエースを務めた西村投手

近畿大会初戦は9回2失点と好投しましたが、近畿大会ではいまひとつの結果に終わりました。

 

西村投手のピッチングで特に印象的だったのが、2019年夏の奈良大付属戦

序盤に7点のリードを奪われる展開となったものの中盤に逆転し、その後西村投手が3イニングを無失点に抑えました。

このときの最後の1球のインズバが凄まじかったです。

フォアボールを減らすことが、今後の課題です。

さらにレベルアップした姿を甲子園で披露してもらいたいです。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

スポンサーリンク



Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です