山梨学院高校野球部メンバー出身中学(2020年)チーム全体の悲願を達成できるのか?

Pocket

山梨学院高校野球部は、夏は4年連続で出場しており、2020年春の甲子園出場が濃厚です。山梨県内では「敵なし」状態となっていますが、2020年はどのような成績を残すのでしょうか。今回は、山梨学院高校野球部メンバーの出身中学や2020年の注目選手情報などをお伝えします。

スポンサーリンク



 

山梨学院高校野球部メンバーの出身中学

1:吉川大(2年生)      山梨バンディッツヤング

2:栗田勇雅(2年生)     いわきボーイズ(福島 いわき平第一中学校)

3:橘田陸斗(2年生)     甲府南リトルシニア

4:功刀史也(2年生)     軟式野球部(南アルプス市立白根巨摩中学校)

5:中島大介(2年生)     大津瀬田ボーイズ

6:小吹悠人(2年生)     いわきボーイズ(福島 いわき小名浜第二中学校)

7:外川温大(2年生)     富士河口湖リトルシニア

8:渡邉嵩馬(2年生)     山梨ふじやまボーイズ(山梨 西桂中学校)

9:才津紘大(2年生)     都筑中央ボーイズ

10:河瀬貴洋(2年生)     山梨バンディッツヤング

11:上野颯夏(2年生)     横浜青葉ボーイズ(神奈川 西中原中学校)

12:笠井陽介(1年生)     北杜ボーイズ

13:河野修慈(2年生)     軟式野球部(佐世保市立大野中学校)

14:志村佳樹(2年生)     富士河口湖リトルシニア

15:山元丈輝(1年生)     軟式野球部(浜松市立開成中学校)

16:岸本侑他(1年生)     山梨ボーイズ

17:藤巻洋佑(2年生)     軟式野球部(中央市立玉穂中学校)

18:松村駿(2年生)      島田ボーイズ

2019年夏は、ベンチ入りメンバー18人のうち13人が3年生で占められていました。

新たにメンバー入りした選手がどれだけ活躍するか注目です。

スポンサーリンク



 

大会成績

【2019年秋季関東大会】

●1回戦:山梨学院11-6文星芸大付

●準々決勝:山梨学院2-1花咲徳栄

●準決勝:山梨学院6-5桐生第一

●決勝:山梨学院0-3健大高崎

関東大会初戦は打ち合いの試合を制し、準々決勝と準々決勝は粘った末に勝利をおさめ、甲子園出場を確実のものとしました。

準々決勝では、強打を誇る花咲徳栄相手にエースの吉川がクレバーな投球術を披露しました。

吉田監督が「神がかり的なピッチング」と評したほどです。

この試合の翌日、中日スポーツは

大本命・花咲徳栄に“ありえない“1失点完投

と見出しを付けました。

(吉川選手に失礼ですね)

 

準決勝は8回裏まで1点差で負けていたのですが、9回表に逆転し見事逃げ切りました。

2019年夏の甲子園は、惜しくも1回戦で敗れてしまいましたが、2020年は甲子園で持ち前の粘りを発揮してもらいたいです。

 

2020年の注目選手情報&チームの悲願とは?

●小吹悠人

1年夏から甲子園に出場しており、昨年からショートのレギュラーを務めているのが小吹選手

今年のチームでは3番を務め、花咲徳栄戦では決勝タイムリー3ベースを放ちました。

昨夏の甲子園では好プレーを披露しました。

(1分25秒あたりからこのシーンが始まります)

攻守にわたる活躍に、期待がかかります。

 

●栗田勇雅

小吹選手と同じく、1年夏から甲子園出場経験がある粟田選手

ポジションがキャッチャーであることを考えると、大したものです。

1年夏の県大会準決勝では、同点ホームランを放ちました。

現在のチームでは4番を務め、チームの中心選手へと成長しました。

花咲徳栄戦で勝利をおさめたのは、粟田選手の巧みなリードのおかげでもあります。

 

山梨学院の甲子園最高成績は「1勝」で、まだ1つの大会で2勝を挙げたことがありません。

2020年は、2勝を挙げることが出来るのか注目です。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

スポンサーリンク



Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です